We use Cookies to give you a better experience while surfing on our website and we use such data for statistical purposes. By applying the adequate settings in your browser you have control over the acceptance of Cookies. Find out more here

  • Albania | EN
  • Andorra | ES / FR / EN
  • Armenia | EN
  • Azerbaijan | EN
  • Belarus | EN
  • Belgium | NL / FR / EN
  • Bosnia - Herzegovina | EN
  • Bulgaria | EN
  • Croatia | EN / DE
  • Cyprus | EN
  • Czech Republic | EN / DE
  • Denmark | EN
  • Estonia | EN
  • Faeroe Islands | EN
  • Finland | EN
  • France | FR / EN / DE
  • Georgia | EN
  • Germany | DE / EN
  • Gibraltar | EN
  • United Kingdom | EN
  • Greece | EN
  • Hungary | EN / DE
  • Iceland | EN
  • Ireland | EN
  • Italy | IT / EN
  • Kosovo | EN
  • Latvia | EN
  • Lithuania | EN
  • Luxembourg | DE / FR / EN
  • Macedonia | EN
  • Malta | IT / EN
  • Moldova | EN
  • Monaco | FR / IT / EN
  • Montenegro | EN
  • Netherlands | NL / EN
  • Norway | EN
  • Austria | DE / EN
  • Poland | DE / EN
  • Portugal | EN / ES
  • Liechtenstein | DE
  • Romania | EN
  • Russia | EN
  • San Marino | IT / EN
  • Serbia | EN
  • Slovakia | EN / DE
  • Slovenia | EN / DE
  • Spain | ES / EN
  • Sweden | EN
  • Switzerland | DE / FR / IT / EN
  • Turkey | EN
  • Ukraine | EN
  • Vatican | IT / EN
  • アンギラ | EN
  • アンティグアバーブーダ | EN
  • Argentinia | ES / EN / DE
  • アルバ | EN / NL / ES
  • Bahamas | EN
  • Barbados | EN
  • Belize | ES / EN
  • Bolivia | ES / EN
  • Brazil | EN / ES
  • Canada | EN / FR
  • Caribbean Netherlands | EN / NL
  • ドミニカ | EN
  • Chile | ES / EN
  • Columbia | ES / EN
  • Costa Rica | ES / EN
  • Cuba | ES / EN
  • キュラソー | EN / NL
  • タークス&カイコス諸島 | EN
  • ドミニカ共和国 | ES / EN
  • Ecuador | ES / EN
  • El Salvador | ES / EN
  • Grenada | EN
  • グアドループ | EN / FR
  • Guatemala | ES / EN
  • Haiti | ES / EN
  • Honduras | ES / EN
  • ジャマイカ | EN
  • Argentinia | EN / FR
  • Mexico | ES / EN
  • モントセラト | EN
  • Nicaragua | ES / EN
  • Panama | ES / EN
  • Paraguay | EN / ES / PT
  • Peru | ES / EN
  • Puerto Rico | ES / EN / DE
  • 聖バセレミー | EN / FR
  • セントクリストファー・ネイビス | EN
  • セントルシア | EN
  • Saint Martin | EN / FR
  • セントビンセント&グレナディン諸島 | EN
  • Sint Maarten | EN / NL
  • USA | EN / ES / DE / FR / IT / NL / JA
  • Venezuela | ES / EN
  • Argentinia | EN
  • Argentinia | EN
  • Australia | EN
  • Hong Kong SAR | ZH / EN
  • Bangladesh | EN
  • India | EN
  • Indonesia | EN
  • 日本 | JA / EN
  • Kazsachstan | EN
  • Korea | EN
  • Kyrgyzstan | EN
  • Macao SAR | EN / ZH
  • Malaysia | EN
  • Mongolia | EN
  • Myanmar | EN
  • New Zealand | EN
  • Philippines | EN
  • PR China | ZH / EN
  • Singapore | EN
  • Sri Lanka | EN
  • Tadzhikistan | EN
  • Taiwan - China | EN
  • Thailand | EN
  • Turkmenistan | EN
  • Uzbekistan | EN
  • Vietnam | EN
  • Afghanistan | EN
  • Algeria | FR / EN
  • Bahrain | EN
  • Benin | EN / FR
  • Botswana | EN
  • Burkina Faso | EN / FR
  • Egypt | EN / FR
  • Ghana | EN
  • Guinea | EN / FR
  • Guinea-Bissau | EN / PT / ES
  • Iran | EN
  • Iraq | EN
  • Israel | EN
  • Ivory Coast | FR / EN
  • Jordan | EN
  • Kenya | EN / FR
  • Kuwait | EN
  • Lebanon | EN
  • Lesotho | EN
  • Liberia | EN
  • Libya | EN
  • Malawi | EN
  • Mali | EN / FR
  • Mauritania | FR / EN
  • Morocco | FR / EN
  • Mozambik | EN
  • Namibia | EN
  • Oman | EN
  • Pakistan | EN
  • Qatar | EN
  • Saudi Arabia | EN
  • Senegal | EN / FR
  • Sierra Leone | EN
  • South Africa | EN / NL
  • スーダン | EN
  • Swaziland | EN
  • Syria | EN
  • Tanzania | EN
  • Togo | EN / FR
  • Tunisia | FR / EN
  • U.A.E | EN
  • Yemen | EN
  • Zambia | EN
  • Zimbabwe | EN

Know How

溶接と接合

水分負荷 (湿潤領域)と集中湿式洗浄スペースの衛生要件を有する表面領域においては、床材の溶接が常に必要となります。

 

溶接プロセス

リノリウムとラバーの溶接 (接合) に関しては、メーカーにより推奨されている接合ワイヤー (ホットグルー) を使用してください。PVCやTPUの溶接に関しては、メーカーにより推奨されている溶接ワイヤー (通常、同じ材料からなる) を使用してください。直径3~5 mmのコードを使用してください。 溶接 (接合) 前に、シームエッジはミルで2/3程度のライニング厚さにフライス加工され、次に溶接コードで熱的に溶接されるか、または接合ワイヤーで接合されます。 溶接コードまたは接合ワイヤーが完全にフライス加工された溝に載っていることが重要です。コードの除去はライスターのクオータームーンナイフを用いて、2つの作業で行われます。最初の除去はキャリッジを用いて、溶接 / 接合後すぐに行われます。2回目の除去は完全に冷却した後に行われます。これにより溶接コード / 接合ケーブルのたるみが回避され、フラットで平坦な表面が実現します。

 

溶接の4つのステップ


Welding – preparation

溝加工(溝切り)

床板は表面に結合しなければなりません。

注意: フライス加工を開始する前に接着剤は、下部 (スクリード) と床板の間で乾燥していなければなりません。

グルーバーにより、接合が床板でフライス加工されます。

注意: 段階的に作業してください。まずフライス加工を行い、次に溶接します。

必要に応じて、異なる切断ナイフを使用してください。

注意: これは溶接ワイヤーと床の特性により異なります。

  • 切削深さは次のように選択します (図1)。
  • 最大ワイヤー太さ半分 材料の厚さの2/3
  • 材料 (黄麻 / 補強材) までのリノリウム

 

 

Welding – preparation

 

 


Welding – preparation

溶接 - 準備

フライス加工された接合部は、指定されたウェブの中心にある必要があり、そうでない場合は溶接が十分ではありません (図2)。

注意: 正しいパラメータを見つけるには、常に別途で溶接テストが必要になります。

溶接ビードが形成されるように (図3)、溶接パラメータを調整してください。

材質

 ハンド溶接温度

 自動溶接温度

リノリウム

約300 ~ 400°C

約400 ~ 450°C

PUR/TPU:

約350 ~ 400°C

約450 ~ 500°C

PVC:

約350 ~ 450°C

約450 ~ 550°C

コーティング表面が損なわれないようにするため、狭い空気出口部を持つ溶接ノズルを使用してください。

注意: いくつかのクリーニングサイクル後に減損が見えるようになります。 短い接合は、TRIAC ST/ATまたはHOT JET Sを用いて溶接します。

welding


welding

溶接 - 実行

自動機 (UNIFLOOR / MINIFLOOR) で溶接
時間の節約と再現性のある溶接品質におすすめ

  • 一定の (高) スピード
  • 一定の圧力
  • 一定の温度 (UNIFLOOR E / TRIAC AT搭載MINIFLOOR)

注意:UNIFLOORの場合、リノリウムはフラップが2/3閉じていなければなりません。

ハンド溶接 (TRIAC / HOT JET S / GHIBLI)

短い接合、修理や移行に対して推奨 ¨
均一な溶接品質を達成するには、次の点に注意してください。

  • 可能な限り一定の速度
  • 可能な限り一定の圧力
  • 一定の温度 (TRIAC AT)

 

 cutting
cutting
カッティング – 第1ステップ

第1の除去工程は、溶接ケーブルがまだ冷却されていない場合にシャープなクオータームーンナイフと挿入されたキャリッジを用いて行われます。

注意: 溶接ケーブルの2段階のカッティングが不可欠となります!
このようにして、溶接の低下が防止されます (図4)。

 

 

 

 

 

 

cutting
cutting

カッティング – 第2ステップ

第2の作業工程は接合が冷却されている際、同様にクオータームーンナイフでブレーキライニング表面を平らにします。

第1のカッティングと休止時間後、第2カッティングを行います。

  • リノリウムの休止時間 約15分
  • PVCの休止時間 約5分

表面はここで荷重負担に耐えることができ、洗浄することができます (図5)。

  • 全負荷までのリノリウムの休止時間 約12時間
  • 全負荷までのPVCの休止時間 約1時間

 

 

 

Item added to watchlist