ライスター本社

Leister_Sarnen_Neubau.JPG

ライスター・テクノロジーズはプラスティック溶接およびプロセス加熱アプリケーション用の製品とシステムを開発しています。熱風、レーザー、赤外線などの技術と革新的なソリューションの提供により、当社の市場セグメントに大きな影響を与え、世界的な基準となっております。

当社の従業員は、最高品質の製品を製造していることを誇りに思っています。世界中のお客様、販売パートナー、サプライヤーとの緊密な協力関係は、相互の成功のために不可欠です。現地のエキスパートが100カ国以上の国々で販売とサービスでお客様をサポートしています。3大陸に8つの海外子会社と世界130の代理店と協業しています。

私たちのブランド

ライスターブランドは、プラスティック溶接と工業プロセス加熱で70年以上にわたり、国際市場と革新的なリーダーシップを発揮してきました。ライスターブランドの製品と梱包はすべてスイスで開発・精算されています。ウェルディ(Weldy)製品は、2004年から中国の上海にあるLeister Technologies Ltd.で、品質と機能をLeister基準に従って開発・生産されています。

研究開発

ライスターという名前は、最高の品質、革新性、信頼性を表しています。そのために必要なコアコンピテンシーはすべて提供され、継続的に最適化されています。スイスで開発された当社の製品は、最高の基準を満たしています。

生産・物流

スイスと中国の生産拠点は、当社のバリューチェーンの重要な一部です。ライスターの製品はスイスでのみ製造されています。ウェルディ(WELDY)製品は、ライスターの社内基準に基づいて中国で製造されています。常に最高の品質を保証するために、サプライチェーン全体での長期的なパートナーシップに努め、サプライヤーとの間で品質契約を締結しています。

最新の生産設備とロジスティックインフラのおかげで、われわれは常に新しい要件に対応可能です。プロセス、データ、運転技術、プラント技術を継続的にリンクさせることで、生産工程において人と機械の相互作用を常に改善しています。インテリジェントでデジタルなネットワーク化されたシステムによってサポートされる最適化されたプロセスは、製品の製造から出荷、物流に至るまでのサプライチェーン全体を強化します。

経営ボード

経営陣は、GM クリストフ・バウムガルトナーの指揮のもと、Leister Technologies AGの運営活動と持続可能な発展に責任を持っています。

ファクト

財団

  • 1949年に個人事業主として

法律上の形式

  • 2011年公開有限責任会社

プロパティ

  • ライスターグループの会社

本社

  • スイス、ケギスヴィルのLeister Technologies AG

従業員

  • スイスでは360名、そのうち15%は研究開発従事

輸出シェア

  • 98%

製造拠点

  • スイス・ザルネン
  • 中国・上海

流通・販売

  • 3大陸に8つの子会社
  • 世界100カ国に販売・サービスセンターを持つ130の代理店

製品ポートフォリオ

  • コンポーネント、システム、デバイス、機械

マイルストーン

1949

  • カール・ライスターがドイツのゾーリンゲンに個人企業「Karl Leister Elektro-Gerätebau」を設立。

2011

  • 個人企業のライスター・プロセス・テクノロジーズは、ライスター部門とアクセトリス部門、海外子会社を傘下に置き、グループ体制に移行しています。
  • ライスター・テクノロジーズAGの設立

2016

  • デジタル作業記録機能が付いているスマートな Leister プロダクト GEOSTAR G7 LQS

2017

  • myLeisterアプリをはじめとするIoT製品によるデジタルトランスフォーメーションの取り組みを開始

2018

  • ザルネンで拡張工事開始 社屋の増築と全自動小型部品倉庫の増設
  • クレルスAG社を買収し、強力な赤外線ヒーターでライスター製品のポートフォリオを拡大
  • 専門トレーニングのライスターアカデミー

2019

  • ザルネンのLeister Technologies AGのザルネン建屋増築と生産統合の開始

2020

  • 新しいデジタル顧客サービスを備えたmyLeisterウェブプラットフォームの提供開始