インドの貯水池を溶接するためのLeisterからのツイニー T

LT_In_IMG_2287 Edit.jpg
成功事例

インド経済の重要なセクターは農業である。人口の60%が働き、国内総生産の約17%を生み出しています。インドは20の農耕気候地域を有し、世界第10位の耕地資源を有しています。

著者: アルン・クマール(ライスター・インド ゼネラル・マネージャー)

インドでは水が不足している

世界の主要な15の気候帯はすべてインドに存在する。しかし、水が不足しているため、インドの農業は主にモンスーンに依存しています。そのためインド政府は、農業を支援するためにいくつかのプロジェクトを導入し、農家が最も重要な資源である水を節約し、持続可能な水の利用を促進するための支援を行っています。

雨水を集めるための貯水池

例えば、マハラシュトラ州の農家は貯水池の建設を支援されている。貯水池の場合は、まずピットを掘削し、次にジオメンブレンで覆う。ジオメンブレンの間に貴重な水が染み込むのを防ぐために、ライスターの機器でしっかりと溶接されています。

LT_IN_IMG_2372 EDIT.jpg

次のモンスーンの間、貯水池は雨水で満たされ、乾燥期には農業の持続可能な灌漑に利用されます。

ライスターのツイニー Tは、ジオメンブレンの溶接に使用されます。

インドの農家は、世界的に実績のあるライスターの機器の品質を信頼しており、ジオメンブレンの溶接にはツイニー Tを使用しています。後者では、農家が密閉貯水槽の5年間の保証を提供しているため、施工業者にとっても遮水溶接は非常に重要です。これは、インド政府による法的要件によるものです。完全に溶接されたジオメンブレン溶接だけが、貯水池に貯留された水が乾季の植物への灌漑用に実際に利用できることを保証しているからです。

LT_LeisterStories_TwinnyPondLining_SS_072020_03.jpg

小型で操作が簡単なツイニー T熱風溶接機は、表面の地形に完全に適応し、プラスチック製のジオメンブレンを確実かつ迅速に溶接します。ツイニー Tは最大3.2m/分を達成しているため、施工業者は作業をあっという間に終わらせることができます。ツイニー Tを使った溶接は、傾斜した池の壁にも完璧に対応します。

ツイニー Tという名前はマハラシュトラ州の農民の間ではよく知られており、ジオメンブレン溶接の代名詞となっています。地域の人たちは、自動溶接機が必要になったときに「ツイニー・マシン」を頼みます。貯水池の材料メーカーや設置業者も、農家に漏水のない池を約束するライスター ツイニー Tを使って設置していることを誇らしげに宣伝しています。

ライスター・インドは、長年の経験と適切なライスター機器により、インドの持続可能な水利用に大きく貢献できることを誇りに思っています。

LT_LeisterStories_TwinnyPondLining_SS_072020_02.jpg

インド人農家のガイクワドさんは、貯水池の建設を見守っています。プネのサトゥールにある彼の畑は水不足に悩まされていたため、彼は貯水池を建設することにしました。この貯水池は一年中雨水を貯めており、乾季には畑の灌漑に使用することができます。