リー・マリア・ミシェル

2007_Lea_Maria_Michel_Portrait.jpg

見習いのLea Maria Michelは、2018年8月からライスターでコマーシャル見習いを修了しています。

インタビューでは、彼女がライスターでどのように好きなのか、そしてなぜプロの世界にこの道を選んだのかを明らかにしています。

なぜコマーシャル見習いをしようと思ったのですか?

コマーシャル見習いは最初からとても興味がありました。とはいえ、さまざまな職業を見て考えることが大切です。ライスターで見習いをさせてもらった後、ライスターでのコマーシャル見習いが一番自分に合っていると思いました。ということで、その後、弟子入りを申請しました。

ライスターでの実習で特に気に入った点は何ですか?

すでに述べたように、私はライスターでのトライアルをとても気に入っていました。見習いを始める前は、フランス語を上達させるために、フランス語圏のスイスでホストファミリーと1年間暮らしました。今では、フランス語での受付や電話応対の仕事をしていると、自分の知識を最新の状態に保つことができるようになりました。

今までで一番好きな部署は?

今までは仕入れや営業の仕事しかしていませんでした。しかし、自分が一番好きな部署を決めることができません。相互関係やプロセスを理解するためには、異なる分野での作業が有用である。

特に簡単なことは何ですか?

フロントで働くのが大好きです。お客様や訪問者、同僚と接することで、一日が変化に富み、刺激的なものになります。物事が混沌としている時が好きで、たまにプレッシャーの中で仕事をしなければならない時があります。そのため、毎日が面白く、あっという間に過ぎていき、決して同じではありません。

これまでの成績が一番良かったのはどの科目ですか?

最近、チームを経由したオンラインテストで最高のマークを獲得しました。コロナウイルスが大流行したため、英検はオンラインで実施されました。意外にも、かなりうまくいきました。

トレーニングはいつ終わるの?

2021年の夏には、ライスターでの見習い期間を終える予定ですが、その前に経理部で働くことになります。

その後はどうするの?

順調にいけば、訓練を終えた後に全日制の職業バカロレア(ドイツ・アビトゥア)を取得したいと思っています。その後に勉強したいことは、その時に明らかになってきます。

さて、ライスターで2年近く徒弟制度(見習い)した後、再びライスターでトレーニングを受けようと思いますか? もしそうなら、それはなぜ?

はい、私ならまたすぐにライスターを選びます。仕事はバラエティに富んでいて面白い。また、研修プログラムには、ライスターグループ内の様々な部署での滞在も含まれています。この間、ライスターグループの選択した部門で働くことで、より深い洞察力を身につけることができます。これらの滞在は通常数日から数週間続きます。そのため、仕事も新しい仲間もたくさん知ることができます。

興味深いお話をありがとうございました。今後のご活躍とご多幸をお祈りしております。弟子入りが成功するように、すでに指をくわえています。

今回のインタビューの回答は、マーケティングやコミュニケーションの分野での滞在中にLea Maria Michelが書いたものです。シルケ・ランドウイングは彼女を支えた。インタビューを公開してくれたLea Mariaさんに感謝します。

ライスターグループでの研修に興味がありますか?

ライスターグループでの研修にご興味のある方は、研修責任者のエリカ・ウィンドリンまでご連絡ください。彼女はあなたのことを知ることを楽しみにしています。

LT_Erika-Windlin_HR_01--5.JPG
連絡先
Erika Windlin

Erika WindlinはLeister AGの人事チームリーダーで、給与の支払いとトレーニングを担当しています。