Iris Gisler

いつも慌ただしく、いつも元気な笑顔で質問。"元気か?" 彼女に出くわしたら アイリス・ギスラーを知っているのは、ここにいる誰もが知っていることです。

コーポレート・コミュニケーション・マネージャーのSilke Landtwing氏とのインタビューでは、人事部に所属する陽気なパワーウーマンである彼女が、どこからエネルギーを得ているのか、そしてLeister AGでの仕事で最も楽しんでいることは何なのかを明らかにしてくれました。

アイリスさんは、2013年12月から人事部長としてライスター AGに勤務していますね。当時のライスターをどうやって知ったのですか?

それは良い偶然だった。世界一周の旅をしていて、帰ってきたら新しい仕事を探していました。当時、ライスターはちょうど人事部長の求人広告を出していたところでした。私はオブワルデンで育ち、ここにルーツを持っているので、ライスターのことはずっと前から知っていました。また、兄はここで25年以上働いていて、ここでの経験を徹底的に楽しんでいたことが応募のきっかけになりました。人事本部長のマイケル・シグリストに電話をかけてきて、良い知らせをもらった時のことを正確に覚えています。"シグリストさん、あなたには分からないでしょうが、 このエキサイティングなニュースを聞いて、 どんなに嬉しいか!"

どうしてもライスターに入社したいと思ったのは、設備と業界、そして国際的な環境の両方に魅力を感じたからです。私にとって全く新しい何か、それはまさにその時私が求めていたものでした。

そのような仕事をするためには、どのような研修が必要なのでしょうか?

私は最初に保険業界のコマーシャル見習いを修了し、その後保険業界で働き続けました。仕事をしながら、スイス公認保険スペシャリストの研修を修了し、そこにスイス公認マーケティングプランナーの資格を加えました。しかし、私はすぐに、マーケティングのすべての面が同じように私に魅力を与えるわけではないことに気づきました。主に市場調査(統計)や流通経路内での市場シェアの算出などが関係しています。ただ、私には乾燥しすぎていました。

偶然にも、私はその後、アクサ・ウィンタートゥールの人事部のポジションをオファーされました。人事部長として、いきなり管理区域内の研修生約70名を担当し、クレーム部門の担当者の窓口にもなっていました。当時は文字通りどん底に放り込まれ、仕事をしながら、スイス公認の人材スペシャリストとしての研修を修了しました。幸いなことに、長年の実務トレーナーの方が、スタート時はもちろん、その後のサポートも非常に良かったです。

AXAには何年いたのでしょうか。

通算16年、様々な役職に就いています。サービス業の代理店で営業職として働き始めました。上司が病気になってからは、現場での活動が活発になり、保険のお客様を訪問してアドバイスができるようになりました。英語力をつけるためにイギリスに滞在した後、法人・証券会社の事務員として2つの臨時の仕事を任され、その後、損害賠償部門に異動しました。その後、研修センターに移動して、見込み営業担当者の研修を行いました。2005年1月に人事部に異動し、世界一周旅行まで滞在しました。

教育は一つで、人格と経験は別物です。自分を3つの形容詞で表すとしたら、どの3つでしょうか?

いつもは候補者に質問してるのに かなりポジティブな方だと思います。(笑) 私は解決志向で、ほとんどが機嫌が良いです。

ええ、私もそう思っています。いつもご機嫌で元気いっぱいのようですね。どうやってやるの?

ある部分は単純に私の性格です。私は、ポジティブ思考の人として人生をより良く乗り切ることができることに気がつきました。世の中を不機嫌そうに見ていると、自分に返ってくるものです。それに、私は本当に仕事を楽しんでいます。自然から安らぎとエネルギーをもらっています。例えば、ジョギングやウォーキングが好きです。仕事が終わった後の静かな時間や、自分のための時間を楽しんでいます。よく読んでいて、週末には美味しいものを作っています。

あなたの仕事での普通の一日はどうですか?

私が早朝から事務所にいるのは、自分の目が行き届かないといけない仕事が多いからです。7時から8時までは、気が散ることなくメールのキャッチアップをしています。私は通常、朝8時半以降に応募者との面接を予定しています。面接終了後、追加アポイントの後準備が行われます。構造化された仕事と会話に入る素晴らしい準備は、私にとって非常に重要なので、私はブロックで私の一日を構成しています。

午後からはさらに多くの予定が入ります。私の一日は、基本的には上司や社員、応募者との打ち合わせが中心で、その準備やフォローも含めて行われています。

また、変えたいことや改善したいことはありますか?

当社をもっと知ってもらえる可能性を秘めています。特に学生の間では。そのため、ルツェルン応用科学芸術大学(HSLU)との連携を拡大していきます。B. 今後の定期的な専門講座を通じて また、他大学との連携をさらに密にしていきたいと考えています。

すでにケギスヴィルのフリブール応用科学大学の責任者を歓迎することができました。熱風やレーザー溶接など、より詳しく紹介していただきました。

2020年までには、Brugg-WindischにあるUniversity of Applied Sciences Rapperswil(HSR)とUniversity of Applied Sciences Northwestern Switzerland(FHNW)での活動を計画しています。これらの応用科学系の大学では、主に学生の専門的な将来を見据えたイベントに参加しています。

来年のルツェルン応用科学芸術大学(HSLU)とETHチューリッヒのポリメッセでのミーティングには必ず参加します。学生のための就職説明会では、多くの刺激的な人や潜在的な従業員と知り合うことができます。例えば、2018年のHSLUのミーティングでは、学生との会話が多くなりました。3人は同年にライスターへの就職を決めた。

個人的な目標もあります。アプリケーション市場全体が変化している状態です。人はもうそんなに積極的に応募しなくなりましたが、例えばソーシャルメディアのプラットフォームのように、様々なチャンネルで検索して勝ち抜いていかなければなりません。デジタル化によって、私たちの働き方や仕事の進め方も変わってくるでしょう。だからこそ、この分野の教育を続け、CAS work 4.0を完成させました。デジタルコラボレーション&ニューワ��ク2019。今は46歳なので、明らかなデジタルの変化に挑戦しながら、あと20年の仕事が待っています。変化に的確に、そして間に合わせて反応することが大切だと思います。

2013年に入社してから、ライスターはどのように発展してきましたか?

ライスターがどんどん大きくなってきました。2019年7月に入居可能となった弊社生産新工場完成を前にして、新入社員のワークステーションがほとんど足りなくなってしまいました。2013年12月にライスターに入社した時は世界で600名の社員がいましたが、2019年8月からは約900名になりました。

あなたの仕事のハイライト、言い換えれば仕事の醍醐味を教えてください。

私が一番楽しんでいるのは、人との触れ合いです。内面的なものであれ、外面的なものであれ。仕事の多様性も気に入っています。私は数字だけの仕事には向いていません。また、ライスター内での連携は信頼関係の上に成り立っているので、本当に感謝しています。

ライスターは非常に楽しい職場です。私たちは、スイスで最も小さな州の一つに位置し、世界的に認知され、成功を収めています。地に足の着いたアプローチと同時に、革新的な力強さも気に入っています。

この後のご予定を教えていただけますか。

候補者との面接ですが、もちろん名前は言えません。

ライスターの求人を探すなら、どこでどのように応募すればいいのでしょうか?

一番いいのは、広告掲載の求人や、自発的な応募をチェックするのも、私も好きなので、ネットで探すのがいいでしょう。

興味深い会話と、あなたのプロとしての成長についての洞察をありがとうございました。継続した教育、頑張ってください。