押出溶接のアプリケーションラボ

熱可塑性樹脂は、ファンや電気メッキプラントなどの複雑な装置や容器の成形に使用され、負荷の種類が異なります。その汎用性の高さから、プラスチックは大小の構造物に多くのソリューションを提供しています。

そのためには、最適な溶接技術を見極めるための大きな経験が必要です。この時点で、世界中のお客様は、自分のアプリケーションに適した製品を選択するために、エキスパートからエキスパートへの交換を歓迎しています。ライスターがお手伝いできる新しいチャレンジをお待ちしています。

サービスの範囲

最も多様なアプリケーションと要件に対応した製品コンサルティング

すべてのハンド押出機に最適なアクセサリの選択に関するアドバイス

熱可塑性プラスチック溶接のアプリケーションアドバイス

ロボットと組み合わせた押し出し溶接のコンサルティング

LT_WeldplastS1_Plf_AP_4149.jpg
材料関連の質問?
押出溶接の材料試験のセクションをご覧ください。
LTAG_MA_RBR_BL_PRF_Marketing_02.jpg
押出溶接のエキスパート
Reto Britschgi

Reto Britschgiは、Leister Technologies AGの押出機プロダクトマネージャーとして採用されています。この分野の専門家として、タンクやコンテナの建設用途における押出溶接装置の開発を担当しています。