材料試験

レーザー溶接工程で使用するプラスチックの資格取得をサポートします。

プラスチック材質とアプリケーションに応じて、分析に役立つさまざまなオプションがあります。

  • スペクトル解析
  • 散乱
  • スライス断面
  • 顕微鏡
  • 引張試験

レーザープラスチック溶着では、プラスチックの光学特性が溶着品質の決め手となります。伝達される成分の透明性は、必ずしも肉眼で見えるとは限らない。しかし、プラスチックの光学特性は、スペクトル分析で修飾することができます。

プラスチックとその充填材に応じて、材料中の散乱の分析は興味深いものです。ここで、成分試料を透過した後のふく射強度の分布を求める。

溶接着プロセス後に溶着シーム強度を試験または確認するためには、追加の分析が必要です。溶着断面や切れ端を利用することで、溶着部の熱影響部を明確にすることができます。この目的のために、溶着部に対して斜めにサンプルから非常に薄い切片を採取し、顕微鏡で調べます。

当社のエキスパートにお問合わせください
Thomas Didden

Thomas Diddenは、レーザープラスチック溶接部門のチームリーダーとして働いており、このユニークな分野の専門家です。彼は顧客と協力して、それぞれのアプリケーションに適したレーザー光学系を見つけるために働いています。