ヨーロッパの中心部を高速で駆け抜ける

成功事例

現在、欧州の高速鉄道網はトンネルが1本分豊かになっています。ゴッタルドベースのトンネルは、世界で最も長い鉄道トンネルである57キロ/35マイルとなっています。このトンネル内の1,000 km に及ぶシームの溶接という技術的な課題のために、ライスターの装置が使用されました。

著者: トーマス・フラー、ライスター・スイス、GEOビジネスライン責任者

南北軸は、移動時間を短縮してより多くの輸送能力を提供することができます。交通量の増加に伴うモビリティの持続可能な管理を保証します。素材、加工ともに最高の品質基準が求められていました。

シーカとライスターの自動・手動溶接機の防水メンブレンは、トンネル内の過酷な外部環境下でもその性能を証明しています。結局のところ、100年後も防水システムはその目的を果たさなければなりません。世紀のプロジェクトである「NEAT」に貢献できたことを誇りに思い、その努力が報われたことを嬉しく思います。

サクセスストーリー。ライスターの助けを借りてゴッタルド山麓トンネル

LT_Geo_SS_Gotthard2011_de
PDF