Picariello Teloni社は、ライスターと共に溶接をよりスマートに

LT_LeisterStories_PicarielloTeloni_SS_032020_01.jpg
成功事例

Picariello Teloni社:ライスターのおかげで事業を発展させ、改善したイタリア企業の歴史。

著者。アルベルト・ペッキオ、ライスター・イタリア マーケティング・スペシャリスト

Picariello Teloni社は、現在のオーナーの曾祖父により1946年に設立された、偉大な歴史を誇る企業です。約75年間に渡り、ターポリンと車両カバーの製造を続けてきました。同社の本部は、サレルノ行政区のバッティパーリアにありますが、Picariello Teloni社は、イタリア全土に広がり、また海外にも顧客を持ちます。
これらの年に会社は間違いなく進化しています:20m2の小さなワークショップから始まった工場は、時を経て3.000m2の工場へと変貌を遂げました。従業員16名、溶接機9台を擁する。

企業としての規模の拡大に加え、当然、そこにはテクノロジーの進化がありました。初めてキャンバス地の車両カバーを、高周波溶接機を用いたPVC溶接技術で生産した1975年以来の変革とも言えます。

実用的かつ利便性の高いテクノロジー

また、Picariello Telonihs社は、技術的には熱風を利用した、熱可塑プラスチック素材の溶接を開始しました。同社のオーナーの一人であるAlessandro Picarielloはこう説明します。"新しい技術を導入するには、その特性に慣れるまでに時間がかかるが、一度熱風溶接機を試してみると、オペレーターは『なぜ今まで採用しなかったのか』と、その有効性や実用性に疑問を抱かなくなった。"

ここ数年、いくつかの熱風溶接機が購入されましたが、Picariello Teloni社に選ばれたのは、全てライスターの提案によるソリューションに基づいたものでした。

Picariello Teloni社、ライスター、そしてArteca社:その長い協働の歴史

Picariello Teloni社に初めてライスターのソリューションが採用されたのは、イタリアにおいて常に製品を販売してきたスイスの多国籍企業であるArtecas社の仲介のおかげでした。この際に、複数のプロセスの確認、そして異なるマテリアルの溶接のおけるその多用性とパフォーマンス性が評価され、ユニプランが選ばれたのです。最初のユニプランに続き、需要の高まりに応えて、別の機械も導入されたのです。

同社の発展に伴い、Picariello Teloni社は他のライスターのソリューションを購入しました。例えば、テープマットは、トラック防水シートの補強ベルトを効率的かつ迅速に溶接するための理想的な機械で、最大生産性は20 m/分で、市場で最も速い自動ベルト溶接機の1つです。

LT_LeisterStories_PicarielloTeloni_SS_032020_02.jpg

その後、同社はまた、幅12cmまでのターポリンのエッジングに最適なヘムテック ST溶接機を購入しました。
高い生産性、優れた溶接の質、そしてこれらの機械の使いやすさにより、Picariello Teloni社は、その機械のさらなる拡張を考えています。そして、同社は再びライスターに注目したのです。

必要な機械が揃いました

企業のニーズをよく把握していることから、ライスターはPicariello Teloni社に対し新しいユニプラン 500を提案しました。同社はすでに古いバージョンのユニプランについては理解していて、その多才さを評価していました。新しいユニプラン 500にトライすることで、その優れた多機能性について理解をより深めことができました。その特性は、同様の作業においても他のプロセスにとって理想的と言えました。

ユニプラン 500は、その他の用途は元より、トラックターポリンの溶接において完璧です。特に、大面積を頻度多く溶接する場合、その堅牢性、質の高い安定したパフォーマンスならびに信頼性は重要です。Picariello Teloni社のような企業にとっては、理想的な溶接機なのです。

さらに改善された卓越性

ライスター・テクノロジーズ・イタリアのプロダクトマネージャーであるAlessandro Foce氏は、「ユニプラン 500にはシートリフティング装置のレバーが装備されているため、オペレータはより早く溶接を開始することができます」と説明しています。溶接するシート間へのノズルの挿入についても、さらに素早く、容易かつ安全な作業が可能です。ドライブローラーがスライドすることもできます。これにより、小さな穴や固定フックのような障害物を避けることができます。新しい溶接機のオンボード制御(連続Foce)は、完璧に刷新され、溶接パラメーターを保存することができるようになりました。このイノベーションにより多用性が最大化され、この機械は、ある材料から別の材料への頻繁な段取り変えが必要な生産計画において、異種材料への作業段取りの実用性が上がりました。最後になりましたが、忘れるべきでないことは、ある機能から別の機能への移行(複数のシートの溶接からヘムやフラップの作成)も速くなったということです。遅延起動機能や加速起動機能も導入されています」とのこと。

LT_LeisterStories_Uniplan500POTY_SS_03.jpg

ある種の材質に対して理想的なパラメーターが特定されると、それを別の溶接に応用することが可能です。特定された材質に再度、溶接する時は、ユニプラン 500のメモリーのパラメーターを呼び出すことができ、シンプルなコマンドで十分です。トライアンドエラーや不完全な作業の質のリスクなくし、即時に完璧な溶接が可能なのです。これは、次の溶接にも応用できます。溶接機のメモリーサイズも十分で、社内で行われた全ての溶接タイプパラメーターを保存することができ、必要時に容易に呼び出せます。

十分満足いく結果

新しいユニプラン 500の導入により、Picariello Teloni社は、トラックのターポリンサイクルを完成させました。今やこの過程は社として求める高い標準に見合う、素早く質の高い形で、最後の仕上げまで全て社内で実行できるようになったのです。これにより、Picarello Teloni社の機械は、年間1000台以上のトラックターポリンを量産できる体制となりました。

"ライスターの技術は、高周波溶接に比べてかなりの利点があります」とアレッサンドロ・ピカリエッロは結論づけています。標準外の作業や特別な認証を必要とする特定の種類の作業には、高周波は依然として有用ですが、ライスターの機械で得られた溶接は、必要な時間と結果の品質の面で完全に満足できる新たな基準となっています」。

お問い合わせ:
Arianna Rizzo

Arianna Rizzoは、ライスター・イタリアでセールスバックオフィスアシスタントとして働いています。イタリアの顧客にプラスチック溶接や工業用プロセス加熱製品やアプリケーションに関する質問をアドバイスしています。