省エネの重要性:ライスター独自のアプローチ

Leister-Pop-Corn-06.JPG
製品に関する詳細

エネルギー消費量が少なければ、コストも抑えることができます。コストを抑えることができれば、節約につながります。これは誰にでもわかる簡単な仕組みです。そしてライスターの装置を活用し熱風を再循環することで、この仕組みを簡単に導入できます。

著者。アルベルト・ペッキオ(Alberto Pecchio)、ライスター・イタリア マーケティング・スペシャリスト

熱風は数多くの産業プロセスにおいて、数え切れないほど多くの目的で使用されています。目的は様々ですが、熱風は最終的に生産性の向上に寄与するため、有益な目的のために使用されていることは間違いありません。ただし、ひとつだけ問題があります。熱風の使用にはコストがかかるのです。所定の体積の空気中で発生させなければならない温度変化が大きいほど、このΔTを発生させるのに必要なエネルギーが大きくなる。生産サイクルの残留物、粉塵、または水蒸気によって「汚染」されているため、すでにプロセスで使用され、したがってすでに高温になっている空気を回収することは考えられない工業プロセスがあります。使用後も熱風がきれいな状態に保たれているにも関わらず、残された可能性が活用されることなく環境に分散される産業プロセスもたくさんあります。このような産業プロセスでは、必然的にエネルギーコストと二酸化炭素排出量が増加している可能性があります。

ライスターは、高温の空気に耐える設計が採用されたダブルフランジヒーター&送風機を製造しています。RBRブロワーとLE 5000 DF-RまたはLE 10000 DF-Rダブルフランジヒーターを組み合わせることで、最高入口温度350℃までの空気回収を実現できます。

LT_Hot-Air-Recirculation_IL_01_Zeichenfläche 1.jpg

遠回しな説明は省き、もたらされる一番のメリット、すなわち「節約」について説明させていただきます。ここで簡単な計算例をご紹介します。1日24時間、年間250日動作しているシステムがあると仮定してください。風量4,000 l/minの空気を出力温度T2の500℃まで加熱するには、流入空気の温度(T1)ごとに異なるパワーが必要です。

T1=20℃→38.7kW
T1=160℃→27.4kW 29.2%節約(20℃からの加熱比)
T1=350℃→12.1kW 20℃からの加熱比68.7%の節約。
160℃と比較して55.8%の節約

この省エネ率の差が、実際に実現できる可能性のある省エネ率となります。循環空気運転では、入力空気温度が350℃の場合、年間159,600kWhの省エネになります。

T1=20℃の場合の年間エネルギー消費量>232,200kWh。
T1=350℃>72,600kWhでの年間エネルギー消費量、節約量=159,600kWh。

0,12ユーロ/kWhのエネルギー価格を想定すると、DF-R型ダブルフランジヒーターのおかげで、年間19,152ユーロの潜在的な節約になります。

今のような時期には特に、省エネを叶えつつ信頼できる加工を実現できる質の高い技術に対するイタリアの企業の関心は高まります。炉を加熱し、炉内の温度を一定に保つ必要のある、連続サイクルに沿って進められるすべての産業工程など、空気の再循環を利用できる産業分野はたくさんあります。ミラノ近郊に本社を置き、消火管の製造を精力的に行っている企業Sapinは、この分野での興味深い用途を見事に示しています。同社によれば、ライスターの熱風の再利用技術は、熱処理炉(乾燥用)において最大50%の省エネ率につながっているそうです。

Alessandro Liuzzo_Sales Specialist1.jpg
お問い合わせ:
Alessandro Liuzzo

Alessandro Liuzzoは、ライスター・イタリアのテクニカルセールスとして、プロセス加熱顧客にアドバイスを提供しています。