インドからカシミールまでの鉄道路線-トンネル工事で使用されたライスターの機材

LT_RailwayIndia_LeisterStories_SS_102020_01.jpg
成功事例

インドでは、カシミール谷のバラムラの街と国内を結ぶ鉄道が建設されようとしています。そのためには、多数のトンネルを掘削して封鎖する必要があります。そのために様々なライスターの装置や機械が使用されています。

著者:ライスター・スイス、コーポレート・コミュニケhーション・マネージャー、シルケ・ランドトゥイング

ジャンムーからウダンプール、そしてカシミール谷のスリナガルとバラムーラに至るインドを通る326kmの長さの鉄道路線の建設は、いくつかの理由から大きな挑戦である。沿線の地質は非常に異なっていて複雑です。地質層は、緩い礫岩、粘土、珪泥岩、破砕された砂岩、ドロマイトなど様々です。また、ヒマラヤ山脈の険しい山間部を通るルートです。作業中、トラックデザインの調整は何度も何度も行わなければなりません。また、鉄道駅のための長いトンネルや広い断面の建設は、プロジェクトマネージャーに難しい課題を提示しています。また、この地域は大雨や降雪に見舞われやすいため、トラックビルダーは異常気象に悩まされています。

トンネル建設用のライスター工具 - ライスターインドが提供する

ライスターのツイニー Tは、軽量であるため、トンネル建設における地盤膜の溶接に最適です。これは、ユーザーがトンネル内の自動溶接機を必要としているため、より長持ちするオーバーヘッド溶接を行うことができるからである。

このような道中の格言的な障害にもかかわらず、メジャープロジェクトは今のところ成功している。2022年に出発するカシミール行きの始発列車が目標です。これを可能にするためには、さらに多くのトンネルを掘削し、ジオメンブレンで封鎖する必要があります。そこでライスターインドの出番です。世界的に活躍するライスターグループのインド子会社は、トンネル建設業者に適切なライスター機器を供給しています。

これまでのところ、ライスターインドは

  • 15台の自動プラスチック溶接機、ツイニー ST.
  • 25台 ツイニー T
  • 100台トリアックATヒートガン
  • 真空ベル、ボックス、ポンプ、圧縮空気試験機などの試験装置40台

と多数のアクセサリーをご用意しております。

ライスターのツイニー・プラスチック溶接機は、Renolit社、SIKA社、Technonicol社製の厚さ2mmのPVCジオメンブレンを溶接するために使用されており、トンネルの壁にラインを張り、腐食から保護するために使用されています。岩から逃げる水に対して。

小規模な溶接作業では、建設作業員はハンディなライスターのヒートガン、トリアック ATを頼りにしています。頑丈で信頼性の高いヒートガンは、1kg未満の低重量と、人間工学に基づいたソフトタッチのハンドルで、長時間の作業も楽に行えるため、高く評価されています。

世界的に有名なライスターの熱風機器のメリットについては、ニュースブログ「Leister-Stories」でもご紹介しています。

PVCジオメンブレンを溶接した後、ライスターの試験装置を使って、試験針で溶接部がきっちりしているかどうかをテストしています。

ライスターインドのゼネラルマネージャーであるArun Kumarは、Leisterがこの重要なプロジェクトに参加していることを誇りに思います。

数字とコスト

総コストは約2800億インドルピー(40億ドル弱)。

このうち、カトラからバニハルまでの区間だけでも約2,200億インドルピー(30億ドル弱)が予算化されており、その複雑さからこのプロジェクトでは特に課題となっている。これは、この第3期最終事業区間のルートが、全長163kmの37本のトンネル(全長97kmの各種主トンネルと全長66kmの脱出トンネル)で構成されているためである。

プロジェクトの状況

プロジェクト全体は、その地質学的な課題から3つのフェーズに分かれていました。

  • フェーズ1 クァジグント-バラムッラ(118km)とバニハル-クァジグント(18km) - 2013年6月に開通
  • フェーズ2。ウドハンプールからカトラ(25km) - 2014年7月より運行中
  • フェーズ3。カトラからバニハルまで(165km) - 2021年3月までに完成予定

2019年10月、全長326km のジャンムー・ウドハンプル・スリナガル・バラムッラ鉄道線の約3分の2が完成した。最後のセクションはまだ建設中で、ジャンムー近郊のヒンドゥー教の巡礼地カトラとカシミール谷の斜面にあるバニハルの間の111キロのストレッチです。

カトラバニハルのためのセクションはインドの工学の歴史の中で最も困難と考えられている

カトラからバニハルへの区間(プロジェクトのフェーズ3)は、インドのエンジニアリングの歴史の中で最も難しいと考えられています。その中には、27の橋の建設も含まれています。これらは、完成したときに世界で最も高い鉄道橋になる1315mの長さと359mの高さのチェナブ橋を含んでいます。また、37のトンネルがあり、そのうちの1つは12km以上の長さを持つアジア最長のトンネルになります。

トンネルには最新の換気システムが搭載されます。国際基準に沿って平行脱出トンネルを設置し、緊急時の救助を容易にするために、一定間隔で主トンネルと交差接続することになっています。

展望

計画通りに全線が完成すれば、2022年からニューデリーとスリナガルからカシミール谷までの列車がわずか14時間で移動できるようになる。時期が来たらまたお知らせします。