ライスターは太陽光発電システムで持続可能性を重視

LT_LeisterStories_RoofLeister-4_SS_102020_01.jpg
ライスターに関する詳細

10月8日、ケギスヴィルにあるライスター本社の屋上で、新しい太陽光発電システムが稼働しました。
今後、840枚の太陽電池モジュールが、世界的に活躍するライスターグループの本社ビルに電力を供給することになります。ライスターでは1998年以来、気候に配慮した建設と再生可能エネルギーの利用を優先しています。

著者:ライスター・スイス、コーポレート・コミュニケーション・マネージャー、シルケ・ランドトゥイング

2020年10月10日のオブワルドナー・ツァイトゥングの記事全文はこちら(ドイツ語のみ)。

契約締結時に考慮される地域企業

ライスターでは、可能な限り、契約を締結する際に地域企業を考慮しています。屋上の改修と太陽光発電システムの設置に関連して、これらの会社はライスターのために仕事をしました。

ブログ記事まとめEWO

EWOは、ライスター太陽光発電システムの設置についてのブログ記事を公開しています。