フロアー施工 ライスターのユニフロアー 500

製品に関する詳細

ライスターの新しいユニフロアー 500は、その名前がすべてを物語っています。実用的な自動床溶接機は、合成フロアー材と天然フロアー材の両方の目地のシーリングに適しています。ライスターの万能フロアー施工の天才がフロアー施工を楽にする方法を知りたいですか? このことやその他のことは、このブログの記事で知ることができます。

著者:ライスター・スイス、コーポレート・コミュニケーション・マネージャー、シルケ・ランドトゥイング

ユニフロアー 500は、ユニフロアー S/Eのサクセスストーリーを継続しています。

世界的に人気のあるユニフロアー Sとユニフロアー Eのすべての利点を利用して、イノベーションを加速し、技術の追加、顧客のフィードバックからの有用な洞察、そして最後に、直感を加味しています。ユニフロアー500の展開を大まかに想像するとこんな感じです。ライスターのプロダクトマネージャーであるSilvan Horand氏は、このメッセージをあまりカジュアルではない形で伝えています。"ライスターの革新的なユニフロアー 500自動フロアー溶接機は、自動的に旋回する熱風ブロワーを備えており、静かで持ち運びが簡単で、床市場に革命を起こすように設計されています。そして、彼はユニフロアー 500の開発にA-Zから同行してきたので、彼が何を言っているのかを知っています。読んでみてください。そして、シルバンの誇りと、なぜユニフロアー 500をお求めになるのかをご覧ください。

熱風送風機は自動的に出入りします

新しいユニフロアー 500は、PVC、CV、PUR、静電気防止床などの合成素材で作られた弾力性のあるフロアー材の溶接や、リノリウムやゴムで作られた天然素材のフロアー材の目地を埋める際に、あなたを鼓舞してくれるでしょう。デザインが好きなだけでなく、仕事が楽になったり、安全になったりします。なぜ? 答えは、自動ノズル位置決め - 略してANP。ANPのおかげで、ユニフロアー500の熱風機はスタートボタンを押すだけで自動的にスイングして出入りします。

また、ユニフロアー 500は、ジョイントを閉じる際に壁などの障害物に触れると、それに対応し、安全のために熱風機を自動的に回転させて溶接作業を中断します。これにより、その熱風送風機が床を焦がすことがなくなります。

持ち運びが簡単で直感的に使える

ユニフロアー 500を設計する際には、技術的な要件だけでなく、使い勝手の良さも重視しました。持ち運びのしやすさと無理のない作業を重視しました。

そのため、自動溶接機には、ガイドロッドとスムーズに走行する搬送用の車輪が付いており、ジョイントからジョイントへの移動が容易に行えるようになっている。幼稚園、学校、病院などの公共施設のような大規模な建設プロジェクトで、弾性フロアー材や帯電防止フロアー材の次の施工を行うとき、きっと喜んでいただけると思います。ユニフロアー 500は、特に耐久性に優れた大規模な工業用フロアーを敷設する際にも快適に作業できます。

耐久性と静粛性

ライスターの他の自動溶接機、押出溶接機、ヒートガンをすでにお持ちの方は、その長寿命をご存知でしょう。もちろん、新型「ユニフロアー 500」もブラシレス駆動と送風機モーターを搭載しており、特に耐久性と静粛性に優れている。熱風送風機が休息状態にあるときは、熱風送風機の風量が自動的に減少し、騒音の放出がかろうじて聞こえる程度にまで低下します。具体的には、仕事をしながら音楽を聴いたり、現場の同僚と話をしたりなど、自動溶接機の音がうるさくても気にせずに済むということです。しかし、熱風ユニットはどうやってユニフロアー 500が休息状態にあることを知っているのでしょうか? これについては、次項で詳しく説明します。

ECOモードのおかげでエネルギー消費量が少ない

作業中に長い休憩を取ると、ユニフロアー 500はECOモードになり、現場でのエネルギー消費を大幅に削減します。ソラノ ATやトリアック ATなど、他のライスターの機器ではすでにお馴染みかもしれません。ユニフロアー 500 ECOモードはモーションセンサーなしで動作するため、少し異なりますが、結果は同じです。例えば、あなたの朝食の休憩中に約10分間、ユニフロアー 500を必要としない場合は、ECOモードで352℃に空気の温度を下げます。これにより、環境とツールの発熱体を保護します。あなたの休憩を終え、再びあなたのユニフロアー 500を開始するとすぐに、それはあなたが1〜2分以内に設定した温度に戻って352℃からの温度を上げます。これで、新しいユニフロアー 500で少し自慢できるようになったので、他にもお伝えしておきます。床を施工する場合、その静かな動作とECOモードの両方がユニークで、新しいユニフロアー 500をフロアー業界のスーパースターにします。

溶接パラメータは、ディスプレイを介して簡単に読み取って設定することができます。

温度、速度、風量は、床を設置する際に制御下にある3つの調整可能な溶接パラメータです。これを行うには、ユニフロアー 500のディスプレイを見て、必要に応じて、または材料メーカーが推奨するパラメータを直接設定するだけです。

異なる溶接棒の直径と溶接棒の容易な挿入

この自動溶接機の開発では、5mm、4mm/、3mmのような異なる溶接棒の直径も考慮されています。そのため、フロアーシートを敷くときに溶接棒を細いものから太いものに変えるときは、調整ネジで加圧ローラーの接触圧を調整するだけでよい。

溶接棒の挿入が難しい、あるいは煩わしいと感じたことはありませんか? ユニフロアー 500では、これは非常に簡単です。圧力ローラーを折りたたんで、溶接棒を入れて、圧力ローラーを折りたたんで、ジョイントを閉じた状態で続けます。

ナチュラルカバーリングの注入用予熱風量の削減

フロアー施工のプロとして 天然のリノリウムやゴムのフローリングをジョイントする場合は、溶接棒を加熱する予熱風量を少なくする必要があります。これは、すべての溶接棒が同じ量の予熱空気を処理することを許容できるわけではないからである。

合成フロアー材から天然フロアー材への変更を容易にするために、ユニフロアー 500の加圧ローラーにはフラップが付いています。このフラップを閉じることで、天然リノリウムやラバーフローリングのグラウトを行う場合、予熱風量を一気に減らすことができます。その後、再び合成フロアー材を溶接するには、フラップを開き直せばよい。

溶接棒ロール用の新ホルダー

溶接棒ロール用の新しいホルダーをユニフロアー 500にネジで取り付けるだけです。その後、あなたは、ホルダー上に最適な位置に市場のすべての一般的な溶接棒ロールまたはスプールを配置することができます。接合時に溶接棒が抵抗なくリリースします。

溶接棒を切断するためのサイドカッターが常備されている

当社の技術者は、常にお客様のご希望やニーズを念頭に置いています。あるいは、溶接棒を切断するためのサイドカッターを忘れたことはありませんか? その通り これこそが、現在、ユニフロアー 500の搬送軸に直接組み込まれている理由です。

これらの利点により、ユニフロアー 500は実用的な自動溶接機となっており、プラスチックや天然素材の弾性床や帯電防止プラスチック床の接合部を専門的に敷設・溶接するのに最適です。さらに、要件に応じて、防水、無菌、迅速かつ効果的に、それぞれのカバーリングの目地をシールすることができます。

あなたの最も重要な利点をもう一度簡単に

  • 独立したノズルの噛み合わせ、スタートボタンを押すことで出し入れが可能
  • ノズルは壁に接触すると自動的にターンアウトし、安全性を高めます。
  • 溶接中は静か、休憩中はほぼ静か
  • エネルギー消費を抑えるECOモード
  • ガイドロッドとスムーズな輸送用ホイールで輸送が簡単
  • 溶接棒のスプールのホールダーは溶接棒が容易に分配することを可能にします
  • クリアなデジタル表示
  • 太さの異なる溶接棒を使用することができます。
  • 溶接棒は簡単に挿入することができます
  • ブラシレス駆動と送風機モーターのおかげで長寿命
  • 溶接棒を切り抜くためのサイドカッターを内蔵
ご質問
Silvan Horand

Silvan Horandは、Leister Technologies AGのフローリング製品マネージャーとして勤務しています。彼は、リノリウムとPVCで作られた柔軟性のある天然素材と合成素材のフローリングを施工するために使用されるすべてのハンドツールと機械の専門家です。