新型 Leister LHS 210/410 エアヒーター

製品に関する詳細

ライスターの新製品であるLHS 210とLHS 410のエアヒーターは、2021年4月から発売されています。コンパクトなデザインで、特に組み込みが容易なため、あらゆる種類の産業プラントや配管システムに設置することができます。他に何ができるますか? このブログ記事でご確認ください。

著者: ライスター・スイス、コーポレート・コミュニケーション・マネージャー、シルケ・ランドトゥイング

熱風を必要とするとき、世界中のさまざまな業界のお客様は、何十年もの間、ライスターの強力で堅牢な信頼性の高いエアヒーターを利用してきました。熱風はガスよりも環境に優しいので、これは私たちにとって(そして環境にとっても)大きな喜びです。ガスの炎の温度とは異なり、熱風の温度は用途に応じて個別に調整することができます。これも、産業用途でガスに代わって熱風が使われるようになった理由の一つです。

熱風が必要なアプリケーションは?

熱風がどのような用途や業界で使われているのか気になりますよね。熱風の用途は非常に多岐にわたるため、ここでは身近なものに絞って紹介します。

  • ボトルラベルの縮小(動画あり)
  • コーヒーの焙煎、果物の乾燥
  • ワインボトルのコルクやキャップを、保護用のプラスチックキャップで封印(動画あり)
  • リップスティックを輝かせる
  • 食品パッケージの殺菌。プラスチックのカップや容器は殺菌してから充填します。例えば、ヨーグルト、クリームチーズ、パスタソースなどに。
  • 洗浄後や充填後のガラス瓶の乾燥
  • 歯磨き粉を充填した後のプラスチックチューブを接着する、など
  • 例えば、牛乳やオレンジジュースのカートンを接着する。
  • 木質チップやペレットを使った暖房器具への着火

先ほど述べたように、熱風を必要とするアプリケーションの数は数え切れないほどです。私たちの結論です。産業用アプリケーションは、朝から晩まで、そして世界中でライスターの熱風に頼っています。

ニューエアヒーター、チューブラーエアヒーター。LHS 210およびLHS 410

しかし今回は、新製品のLHS 210 SF/LHS 410 SF、LHS 210 SF-R/LHS 410 SF-Rのエアヒーターと、新製品のLHS 210 DF/LHS 410 DF/LHS 210 DF-R/LHS 410 DF-Rのチューブラータイプのエアヒーターが主役です。

エアヒーター LHS 210 SFおよびLHS 410 SF(フランジ1個付き

LHS 210 SFとLHS 410 SFのエアヒーターは、入口側にフランジがあり(「SF」は「Single Flange」の略)、出口側にチューブがあります。小型であることに加えて、ライスター社の様々なノズルに対応していることも特徴の一つです。

例えば、ワイドスロットノズルで空気の流れを広げたり、より広い範囲に分散させたりすることができます。スクリーンリフレクターノズルを使用することで、パッケージ業界における様々なシュリンクアプリケーションが可能になります。

LHS 410 SFは、LHS 210 SFとは異なり、直径が大きいために高い風量を実現しています。チューブの直径は、LHS 210の36.5mmに対し、LHS 410は50mmとなっています。

LHS 210 SF-RおよびLHS 410 SF-Rエアヒーター(1つのフランジと熱風循環機能付き

LHS 210 SF-RおよびLHS 410 SF-Rエアヒーターの名称にある「R」は、「Recirculation(循環)」を意味しています。これらのエアヒーターは、熱風の再循環が必要な産業プロセス用に設計されています。フランジデザインのため、ライスターの多数のノズルと互換性があり、無数の産業用途に適しています。

また、熱風の再循環(ホットエアリサイクル)は、エネルギーコストの節約にもつながります。

LHS 210 DFおよびLHS 410 DFダブルフランジ式チューブラーエアヒーター

チューブラー式エアヒーター「LHS 210 DF」「LHS 410 DF」。DF "は "Double Flange "の略で、2重フランジのチューブラー式エアヒーターです。ダブルフランジの採用により、産業用配管システムへの設置に適したチューブ型エアヒーターです。両フランジ付きチューブラーエアヒーターは、熱硬化プロセス用の炉に多く使用されています。

LHS 210 DF-R および LHS 410 DF-R 熱風循環用ダブルフランジ付きチューブラーエアヒーター

LHS 210 DF-RとLHS 410 DF-Rは、シングルフランジのエアヒーターと同様に、ダブルフランジのチューブラーエアヒーターでも熱風を再利用することができます。ダブルフランジを採用しているため、配管システムへの設置に適しており、LHS 410 DF-Rはより大きな空気量に対応できるようになっています。

さらに、LHS 210 DF-RとLHS 410 DF-Rのチューブラー式エアヒーターには、ハウジングの接続部にエクステンションが装備されています。このエクステンション内のセラミックにより、チューブ式エアヒーターの電気接続部が密閉され、高温や熱風の逆流から保護されます。

このチューブラー式エアヒーターは、熱風循環/熱風リサイクルにも適しており、エネルギーとコストの節約につながります。

LHS 210とLHS 410の競合製品との違いは?

冒頭で述べたように、LHS 210とLHS 410のエアヒーターは、特にコンパクトなデザインで、スペースの限られた産業プラントでの設置に最適です。考え抜かれた設計により、電源への接続も簡単です。

また、エアヒーターのハウジング接続部は空気の流れの外にあるため、2つの利点があります。エアヒーターの中を流れる空気は、圧力の低下がほとんどありません。さらに、ハウジングの接続部は過熱から保護されており、空気の流入温度は350°C/662°Fまで可能です。

LHS 210」「LHS 410」の最大のメリットが一目瞭然です。

  • スペースが限られている産業プラントへの設置を考慮した設計
  • 電源への接続が容易
  • 650°C/1202°Fまでの無数の産業プロセスに適しています。
  • エアヒーター内の空気の流れを妨げず、圧力の低下もほとんどない
  • 150°C までの高い空気吸気温度
  • LHS 210/410 SFおよびSF-Rは、ライスターの豊富なノズルラインと互換性があります。
  • LHS 210/410 DFおよびDF-Rは、配管システムへの組み込みに適しています。
  • LHS 210/410 SF-R/DF-R 熱風リサイクルでエネルギーを節約
  • LHS 210/410 SF-R/DF-R エクステンション内部のセラミックが、高温や熱風の逆流から電気接続部を守ります。
ご質問
Yvo Schibli

Yvo Schibliは、Leister Technologies AGのプロセス熱部門のアプリケーションセンターおよびカスタマーサポートマネージャーとして勤務しています。彼は産業用熱風アプリケーションの専門家です。