大型プロジェクトにインスピレーションを与えるライスターの床用設備

LT_Flooring_Schulhaus_Ap_01--2.JPG
成功事例

弾性床カバーの設置に使用する機械や機器の開発、生産、世界的な流通は、ライスターが強みとして得意とするものです。バッテリー式グルーバー 500-LPジョイントフライス盤と、ユニフロア Eおよびユニフロア 500自動フロア溶接機は、スイスの床施工業者Werner、Mischa、Sascha Morf氏らにインスピレーションを与えてきました。このインタビューの当時、彼らはチューリッヒの校舎の改装に携わっていました。当社は彼らの仕事を肩越しに見る許可をもらい、このブログ記事では彼らについてさらに紹介しております。

著者:ライスター・スイス コーポレート・コミュニケーション・マネージャー シルケ・ランドトゥイング

2013年、チューリッヒ州は中等学校と職業学校の校舎向けに、学校スペース戦略を採用しました。この学校スペース戦略の一環として、チューリッヒ市の多くの学校が再開発を予定しています。生徒の教育に再開発による支障が出ないよう、解決策が必要となりました。ここで、スイスの木材建設大手の1社である、Blumer-Lehmann AGが登場しました。Blumer-Lehmannは、国際的に有名な建築事務所との共同作業により、自由造形の木造建築を世界中で設計し、建設しています。また、モジュール工法や仮設建築も当社の専門であり、最近では、学校校舎の再開発による需要が高まっています。

一言でいえば、Blumer Lehmannは、チューリッヒ市構造工学局(Office of Structural Engineering)に代わって学校校舎を建設し、これらの建物では弾力性と耐久性のある床材を使用しています。

床施工業者であるMorf家のWerner氏とその息子Sasha氏とMischa氏が、Blumer-Lehmannからこれらのフロアカバー敷設の委託を受けました。
Morf家が業務の品質で頼りとしているのは、ライスターのバッテリー式グルーバー 500-LPフライス盤、トリアック ATヒートガン、ユニフロア E自動フロア溶接機です。

ライスターの製品マネージャーSilvan Horandは、この機に新しいユニフロア 500を建設現場に持ち込みました(全く下心がなかったわけではありません)。当社では、Morf兄弟がユニフロア 500についてどう思うかを、聞きたいと思っていました。

チューリッヒ・ヘンクの3階建て校舎

LT_Flooring_Schulhaus_Ap_01-5139.JPG

Sascha氏とMischa氏が弾性床材を年に設置した学校は、チューリッヒのヘンクにあります。美しい木造の建物で、外観上は竣工しているように見えます。内部の作業も、それほど残っていません。

LT_Flooring_Schulhaus_Ap_01-5305.JPG

Sascha氏とMischa氏は、スイスのブランドForboの黒灰色のリノリウムの床材をチューリッヒ・ヘンクの校舎の2階に敷き詰めました。この写真は、カバーをきれいに、滑らかにするため(接合部ミリングの必須条件)、Mischa Morf氏がリノリウムシートをローラーでしっかりと押し付けているところです。そしてSascha Morf氏は、バッテリー式グルーバー 500-LPジョイントミリング機械を用いて、リノリウムシートが接するエッジ部分に、接合部ミリング加工を直接施しました。次にこの接合部を溶接ロッドで密封しますが、それには2台あるライスター自動フロア溶接機、 ユニフロア E、ユニフロア 500のうちの1台を用います。

仕組みをご存じない方のための解説:プラスチック溶接ロッドを熱風で加熱し、接合部内に自動溶接機で直接挿入します。その後、床を密閉すると、校舎としての利用の負荷に耐えることができるようになります。また、こうしたノリウムの床はメンテナンスがシンプルで、特に清掃が簡単です。

バッテリー式グルーバー 500ジョイントフライス盤からインスピレーションを受けたSascha Morf氏

Sascha氏 Morf氏がバッテリー式グルーバー 500-LP ジョイントフライス盤で接合部をフライス加工した時は、カメラマンのUrs Zimmermann氏が追いつくのに慌てるほどの非常に速いスピードでした。最後の接合部を2階の教室後部でミリングすると、すぐにSascha氏はグルーバー 500-LPを手に次の教室に直行して、作業を続けました。電源コード再接続に時間を取られることがないため、電動式フライス盤と比較すると超高速です。Sascha氏は、グルーバー 500-LPが提供する可動性を高く評価しました。「最近の建設現場はどこにでも電気があるわけではないので、間に合わせのソリューションで対応することが必要となります。グルーバー 500-LPでは、私は独立して動くことができます」と、彼はうれしそうに語りました。

また彼は、グルーバー 500-LPのほかの利点に対する評価も大いに強調しました。「グルーバー 500-LPは取り扱いが簡単でより精密な作業ができ、バッテリー操作なので、はるかに柔軟性があって独立しており、より高速です」

床施工業者のグルーバー 500-LPへの切り替えには、いくつかの説得力のある理由があります。これは、Sasha氏がミリング時の実演を行った次のビデオでご覧いただけます。

ユニフロア 500による床面溶接

接合部はミリング完了後、密封(床面溶接)を行います。これまでのところ、Sascha氏とMischa氏は、ライスターのユニフロア Eで接合部を溶接しています。

LT_Flooring_Schulhaus_Ap_01-5241.JPG

Silvan Horandは、この目的のため新しいユニフロア 500を持ち込み、新しいライスター自動フロア溶接機がどのように機能するかをSascha氏に説明しました。Sascha氏は床施工のプロで、ユニフロア 500は操作が簡単なので、それほど長くはかかりませんでした。

ボタンを押すと機械が予熱し、熱風ブロワーが自動的に下降してユニフロア 500が前方に移動し、溶接ロッドで接合部を溶接します。すべての作業はツールが自力で行うため、Sascha氏はそばで溶接プロセスを常に監視することができます。反対側の壁に到達するとユニフロア 500は停止し、熱風ブロワーは自動的に溶接接合部から外れます。この機能の仕組みについては、動画で詳細をご覧ください。

この作業現場には床施工の必要な教室があと5つあったため、Sascha氏は、テスト目的でユニフロア 500を使って作業を継続できることに大喜びしました。この工程には、リノリウムの接着、圧着、グルーバー 500-LPによるミリング、ユニフロア 500による溶接が含まれます。

夏休みがほぼ終わって生徒が学校に戻る準備をする時期となり、時間が足りなくなりそうでした。Morf一家は、そこから一直線です。
Sascha氏はこう言います。「文句を言うわけにはいきません。この校舎を終えたら、チューリッヒには今年、ほかにも私たちの床施工を待つ学校校舎があります。それらもこの校舎と似ているため、作業内容は把握していますし、ライスターの床施工機器があれば大丈夫でしょう」

60年以上にわたる床施工の成功実績

Werner氏は質問に答え、この成功したファミリービジネスを創立したのは60年前だと語りました。私は彼を見つめて計算し、建設現場に小学1年生がいたのか?と想像しました。60年? それはあり得ることでしょうか? 彼は私の心を読んだようで、笑ってこう言いました。「はい、60年です。私は今、78歳です」 重要なことは、床材の設置は、健康と若さを保つということです。

Werner氏は、今でも仕事を楽しんでいます。息子たちがヘンクでの作業を続けている間に、彼はもう次の校舎にリノリウムの床を敷き始めました。

ちなみに、Morf家の家族経営ビジネスは、インターネットで見つけることはできないでしょう。「Morf」という名前は品質と信頼性の象徴であり、プロフェッショナルの間では長年にわたって知られてきたものです。

多大なご協力に感謝

Werner、Mischa、Sascha Morf氏らの多大なご協力に、感謝いたします。写真撮影、ビデオ撮影、新製品に関するフィードバックの収集は、通常、床施工の工程の一環としては行いません。特に、時間がないときに行うものではありません。今回は、大変ありがとうございました。今後も引き続きご活躍をお祈り申し上げます。

ご質問
Silvan Horand

Silvan Horandは、Leister Technologies AGのフローリング製品マネージャーとして勤務しています。彼は、リノリウムとPVCで作られた柔軟性のある天然素材と合成素材のフローリングを施工するために使用されるすべてのハンドツールと機械の専門家です。