コメット700ホットウェッジ溶接機 - 新しいLeisterハイフライヤー

LT_COMET700_PW_AP_11021.jpg
製品に関する詳細2021年11月26日

桁外れの名前が付けられていますが、Leisterのコメット700ホットウェッジ溶接機はまだ飛べません。この溶接機は、LQS(Leister品質システム)、接合圧力と電圧のデジタルディスプレイ、アラーム機能、その他の機能のおかげで、地下工学分野のユーザーに歓迎されています。このブログ記事では、ホットウェッジ溶接機の新しいハイフライヤーを詳しく紹介します。

著者:Leister AG、コーポレート・コミュニケーション・マネージャー、Silke Landtwing

地下工学においてジオメンブレンを敷設し、溶接すれば(例えば、埋め立て地や鉱山の水密のため)、溶接シームの品質がいかに重要であるかがわかります。つまるところ、お客様が溶接したジオメンブレンに期待しているのは漏れがないことであり、汚染物質が土壌や地下水に浸入することはないと確信できることです。

池、貯水池、養殖場の水密でも、最も重要なことは溶接したジオメンブレンに漏れがないことです。いずれにしても、貴重な水が地中に染みこんではいけません。しかし、品質が適正であり、溶接シームに漏れがないことの確認は、どのように分かるのでしょうか?

Leister品質システム(LQS)による溶接パラメーターの文書化

建設現場で溶接シームの品質をすぐにチェックして文書化したいとお考えでしょう?

問題なし:次回溶接シームの溶接にはLeisterコメット700をご利用ください。コメット700はLeister品質システム(LQS)、WiFi、GPSを装備しており、myLeisterアプリのデータレポートを使用して、溶接パラメーター、速度、温度、結合力、そして座標が文書化されます。溶接に関するレポートは、建設現場でお手元のスマートフォンまたはタブレットに直接届けられます。

時は金なり

Benjamin Franklinの「時は金なり」という言葉は、諺になっています。今では、考えられるあらゆる言語でそうです。意味は明瞭です。完成が早いほど、得られるものは多くなります。例えば、建設現場で迫っている納期を考えてみましょう。あるいは、すでにある次の注文。どちらの場合も、コメット700はその速度で時間を節約します。その速度は毎分最大8 m(26フィート)に達します。

結合圧力のアンダーコントロール

信頼は良いことではありますが、コントロールはより好ましいことです。あらゆることが溶接シームの品質を軸に展開していることは明らかです。これは、何よりも結合圧力に関連しています。コメット700を用いた溶接では、ディスプレイで確認できます。また、何か他のことに集中する必要がある場合、コメット700は、結合圧が設定範囲を外れると音響信号で知らせます。

効率的な熱伝達のために最適化されたホットウェッジ形状

最適化されたホットウェッジ形状により、コメット700でのオーバーラップ溶接中の熱伝達は非常に効率的です。ホットウェッジの長さは、60 mm(2.36インチ)と90 mm(3.54インチ)の2通りあります。なぜでしょう? 90 mm(3.54インチ)ウェッジでは、厚さ1.5~3.0 mmまたは59~118 mmのジオメンブレンを溶接できます。薄いジオメンブレンの場合は、60 mm(2.36インチ)ウェッジを使用します。

HDPE製またはLDPE製のジオメンブレンの溶接が必要ですか? Leisterには、銅製のホットウェッジがあります。PVCの溶接には、鋼製のホットウェッジがあります。

いつでも適切なアクセサリー

各種ホットウェッジに加えて、Leisterには様々なドライブローラーとキットもあります。例えば、鋼製やシリコン製のさまざま幅のドライブローラーから選ぶことができます。テストチャネルがあるものもないものもあります。Leister Geo溶接機のツイニー T7およびツイニー T5、あるいはかってのコメットモデルのドライブローラーのことを、ご存知の方もいらっしゃるでしょう。世界各地で問題なく使用されています。そのため、ホイールを作り直すことはしていません。ツイニーとコメットファミリーのあらゆるLeister Geo溶接機にドライブローラーが合うように設計しています。

電圧不足を補う高熱パワーリザーブ

地下建設現場で電圧不足に遭遇したことがことがない人はいるでしょうか? 私たちは、知りません。電圧不足が起きても、コメット700の高熱パワーリザーブが高品質の溶接を保証します。

厳しい環境でも変わらない溶接速度

建設現場の床面が滑らかで地形が平坦であったら。残念なこと、当社がこのご要望に応えることはできません。しかし、コメット700には強力なドライブモーターとフィールドキット(標準装備)があります。地面までの距離を大きく取れ、難しい地形に役立ちます。急勾配、凹凸、またはその両方:コメット700であれば、いつも確実かつ一定の溶接速度で溶接ができます。

巧妙な配置

また、当社の製品設計者はコメット700のハンドルの位置を決める際にも使い勝手を考慮しました。自動溶接機の作業と取り扱いをできるだけ簡単にしたいからです。そのため、コメット700には3つのハンドルが巧みに配置されており、ガイドに沿って簡単に動かしたり、持ち上げたりできます。

結論

コメット700には、厚手と薄手のどちらのジオメンブレンも確実に溶接できる極めて優れた能力を備えています。革新的な電子機器と特に高加熱出力により、新しいLeisterハイフライヤーは、地下工学におけるホットウェッジ溶接機のベンチマークとなっています。

コメット700 - 一目でわかるベスト

  • WIFI、GPS、およびLeister品質システム(LQS)による溶接パラメーターの文書化
  • 毎分最大8 m(26.2フィート)の速度、ギアの変換不要
  • 効率的な熱伝達のために最適化されたウェッジ形状
  • ホットウェッジ長さ:60 mm(2.36インチ)、90 mm(3.54インチ)
  • 結合圧のデジタルディスプレイと音響アラーム
  • デジタル電圧ディスプレイ
  • 高加熱容量リザーブで電圧不足に対応
  • 堅牢な駆動モーターとフィールドキットにより、過酷な環境でも一定の溶接速度を実現
  • 関連パラメーターのデジタルディスプレイによる直感的な操作
  • 巧みに配置されたハンドルによる優れた操作性
  • オーバーラップカテゴリー125 mm(4.92インチ)にしてはスリムなデザイン

 

姉妹品のコメット500

COMET 500ホットウェッジ溶接機は、コメット700の姉妹製品です。こちらも、厚手と薄手両方のジオメンブレン重ね溶接に適しています。LQSと高度な電子機能はありませんが、直感的に操作することができるため、必要最低限の機能を望まれる場合、あるいはこうした機械を使うのが初めてで予算に制約がある場合にピッタリです。