ポッドキャストを使ったモロッコでのコメット 500の製品発表

LT_CORP_Podcast_IM_01.jpg
ライスターに関する詳細2022年3月28日

スイスのライスター・テクノロジーズAGのセールスマネージャー、ラキッド・ベンラコウイは、当社の言語学カメレオンです。Easy Tools Maghreb(ETM)のオーナーであるThami el Masmoudiとの最後の電話での会話で、二人はクリエイティブなアイデアを持っていました。どちらですか? このブログ記事を読んで、COMET 500ポッドキャストの製品発売をご覧ください。

回答者:ライスター・スイス、コーポレート・コミュニケーション・マネージャー、ジルケ・ラントヴィンク

当社のグローバルセールス&サービスパートナー各社とラシッドが電話で話すのを聞くと、いつも感心します。ラシッドは英語からフランス語、フランス語からモロッコ語、モロッコ語からアラビア語に、思いのままに操る能力を持っています。また、スペイン語、イタリア語、多少のロシア語、そしてもちろんスイスドイツ語と標準ドイツ語も話します。少なくともラシッドにとっては簡単なようです。

ポッドキャストによるモロッコでのコメット 500 の製品発表

最近、彼はいつものように、モロッコ担当のセールス&サービスパートナーであるタミ・エル・マスモウディと電話で話していました。その時2人は、モロッコでのコメット 500 ジオ自動溶接機の製品発表をポッドキャストで行うというアイデアを思いつきました。「公式に広く届ける」ための手段を探していたところでした。コロナ禍のため、当時はまだ個別のミーティングや見本市会場でのプロモーションができない状況でした。

タミ・エル・マスモウディは、さまざまなチャンネルで見かけたドイツのライスター社が提供するポッドキャストからアイデアを得ました。ラシッドは「Yallah」と即答しました。(Yallahはトルコ語とアラビア語の表現で、英語の「Let's go」にあたります。) その後、間もなく2人はモロッコでのコメット500の製品発表のためのモロッコ・スイス版ポッドキャストを制作しました。Leister Technologies AGでデジタルメディア・スペシャリストとして働くウアス・ツィマーマンが、ライスターアカデミーで得たビデオ技術を用いて彼らを支援しました。

30分のポッドキャストにかけた撮影時間は3時間

まず、台本を書く必要がありました。ラシッドは、ジオ・プロダクトマネージャーのパトリック・シュナイダーと共同でこれを作成しました。パトリックは、2台のジオ自動溶接機、コメット 500 とコメット 700 の開発に大きく関わっていました。

30分間のポッドキャストでは、合計約3時間の収録時間が必要でした。もちろん、ケギスヴィルとカサブランカとの間の安定したインターネット接続も求められました。

ハリウッド?カサブランカ?

タミ・エル・マスモウディとビジネスパートナーのシャフィク・エル・イドリッシは、撮影中はかなり緊張していました。ポッドキャストではそのような様子が見られないことに、彼らは非常に驚きました。「ポッドキャストに表れていたよりも実際は緊張していました。ハリウッドでキャリアを積むべきでしょうか? いいえ、私たちの仕事はライスターの代理店として、知識や経験を生かすことです。」

いつもライスターをサポートいただき感謝しています。

ETMのタミとシャフィクの尽力のおかげで、モロッコでコメット 500のクリエイティブな製品発表が実現しました。ライスター製品の代理店としての成功を引き続きお祈りします。次回のポッドキャストも楽しみにしています。Yallah!