tüftelPark PilatusにおけるTüftelCamp自動運転車両

LT_STORY_TüftelCamp_2022_IM_16-9_04.jpg
ライスターに関する詳細2022年10月28日

小学校6年生以上の青少年が、tüftelPark Pilatusでの競技に向けて、7つのチームに分かれて自動運転の電気自動車を作りました。かなり困難な企てでしたが、tüftelParkチームとMaxonとLeister社の専門家が積極的にサポートを提供しました。

執筆: ライスターAG・スイス、コーポレート・コミュニケーション・マネージャー Silke Landtwing

自動運転電気自動車の組み立てと見習いの可能性についての洞察

2022年10月10日から14日の1週間に、機械いじりの好きな青少年の合計7つのチームがそれぞれ自動運転自動車を組み立てました。また、以下の見習いポジションについての洞察も得ました。

  • ポリメカニック
  • オートメーションエンジニア
  • 設計エンジニア
  • エレクトロニクステクニシャン

マクソンおよびライスター両社への見学もそれぞれ異なる週に行われました。この間、彼らはコンポーネントとモーターを手に取り、プレゼンテーション中に見習いポジションについての詳細を学びました。

LT_STORY_TüftelCamp_2022_IM_16-9_07.jpg

この写真には、ザルネンにあるライスターテクノロジーAG社の前に競技者が写っています。

「Kings」チームが念願のティンカリング賞を受賞

「Kings」チームのLionel Straub、Harun Amin、Marco Röthlinが同チームの車両で優勝し、念願のティンカリング賞を受賞しました。残念ながら、Marco Röthlinは競技会当日と授賞式に体調を崩していたため、「Kings」チームは2人だけでスタートしました。

優勝チームの「Kings」にはティンカリング賞が贈られ、今年はArduinoキットが贈呈されました。受賞者はこのキットを今後のプロジェクトに使用できます。

LT_STORY_TüftelCamp_2022_IM_16-9_02.jpg

この写真には、「Kings」チームのHarun AminとLionel Straubが勝利した車両と一緒に写っています。ライスターから優勝おめでとう。

LT_STORY_TüftelCamp_2022_IM_16-9_05.jpg
障害物コースの競技

下のビデオでは、障害物コースで競うさまざまなチームの車両を見ることができます。ビデオの終了直前に、「Kings」の勝利車両をご覧いただけます。

ライスター財団の関与

オプヴァルデン州のtüftelPark Pilatusの創設者として、ライスター財団は2016年以来、技術専門職の若い才能の育成に取り組んできました。

ライスター財団は、主に財政的および人的支援と、ライスターが開始および資金提供する定期的なティンカリング競技に関与しています。

LT_STORY_TüftelCamp_2022_IM_16-9_06.jpg

tüftelPark Pilatus協会の会長兼ライスター社役員である、Stefan Voglerは次のように話しています。「当社が目指しているのは、遊び心のある方法で青少年にテクノロジーやそのジョブプロファイルを紹介し、彼らの才能を発掘し、機械いじりに夢中にさせることです。結局のところ、今日機械いじりの好きな青少年は、将来スキルドワーカーになる可能性があります。」

LT_STORY_TüftelCamp_2022_IM_16-9_08.jpg

tüftelParks PilatusのマネージングディレクターSamuel Friedrichは、青少年やその親たちが示した関心に喜んでいます。「tüftelPark Pilatusでは、私たちはテクノロジーに対する魅力を青少年に紹介しています。私たちは、自分の可能性をまだ発見していない機械いじりの好きな青少年の発明、工芸、技術、デザインの才能を育成したいと考えているため、慎重にオファーを選択しています。競技会では常に、チームメンバーが熱意をもって一緒に働く様子が非常に印象的です。」

tüftelPark Pilatusへのお問い合わせ

tüftelPark Pilatusは、6060 SarnenのBrünigstrasse 179の3階にある古い中学校にあります。ご興味がある場合は、+41 76 592 95 75に電話で、またはinfo@tueftelpark-pilatus.chにメールでお問い合わせください。tüftelPark Pilatusのウェブサイトはこちらでご覧ください:tüftelPark Pilatusのウェブサイト

tüftelPark Pilatusのソーシャルメディアは、それぞれこちらでご覧ください:FacebookInstagramLinkedIn

2022年10月14日の競技会の感想

写真家のRabea Hüppiさん、このブログ投稿の感想に写真を共有してくださったことに感謝します。