熱可塑材成形加工

熱可塑材成形では、板状のプラスチックを均一に加熱してから真空深絞りやプレス機を用いた密閉型で三次元的に成形します。

これは、プラスチック成形において理想的な技術です。熱可塑性プラスチックを、再成形するのに十分に柔らかくなるまで加熱します。材料がその後に続く成形プロセス用に十分に柔軟性を持つことを確実にするために、一部のパーツや構成部品全体を加熱するために熱風を使用します。

熱風による深絞り成形

ライスターのエアヒーターと熱風送風機は、成形工程の前に材料を加熱するために使用されます。幅広いサービスを提供することで、各プロセスに最適な装置選定が可能です。

LT_Thermoforming_PH_AP_02.jpg

原則として、射出形成されたプラスチックのバリ取りも、成形工程としてクラス分けされます。細かくても見苦しいバリは、表面張力の影響で溶けて形を変えるほど加熱されています。複数のプラスチック部品や湯口とプラスチック部品を射出成形やブロー成形の後に融着した場合、熱風を利用して目的に応じて分離させることができる。

赤外線による深絞り成形

赤外線での深絞り加工、赤外線ふく射で素材が加熱されます。ライスターのクレルス社の赤外線ふく射は反応が速いため、オフピーク時にはふく射のスイッチを切ることができます。これは、特にシーケンシャル・プロセスに有用であり、その結果、大幅な省エネにつながります。

ロールやプラスチックシートから出たプラスチックを加熱して成形品を製造します。特に自動車業界では、ドアパネルや、深絞りで作られたクラシックな小包棚など、多くの成形品が使われています。

ライスターのクレルス赤外線加熱源は、厚さ1mm以上のプラスチックに使用されています。プロセス自体はいつも同じです:

  1. プラスチックの導入
  2. 加熱
  3. フォーム
  4. 冷却

赤外線加熱源の利点は、正確で効率的に熱を放射することです。