アフリカ製の高性能プラスチックボート

LT_LeisterStories_RhinoMarine_SS_112019_01.jpg
成功事例

高性能プラスチックボートは、南アフリカでライスタースイスの空気加熱式手押し出し機で製造されました。

著者:ライスター・スイス、コーポレート・コミュニケーション・マネージャー、シルケ・ランドトゥイング

以下の記事では、ボートがどのようにして作られているのか、何が特別なのか、主に何に使われているのかを解説しています。

これは、Rhino Marine (PTY) Ltd.とライスター・スイスのアフリカ営業マネージャー、Rachid Benlakhouyとの緊密な協力のもとに書かれたものです。

LT_LeisterStories_RhinoMarine_SS_112019_02.jpg

南アフリカのケープタウンに本社を構える造船会社Rhino Marine (PTY) Ltd.は、実質上壊れないHDPE(高密度ポリエチレン)製の海上作業船舶「Rhino Craft」の製造を行っています。この海上作業船舶は、主に海上油田・ガス田において、15年以上にわたって使用され、高い評価を得ています。

同社の船舶は、プラスチック製のため、金属やガラス繊維など他の素材で作られた船舶よりもはるかにメリットがあります。

  • 修繕が簡単:当社は熱可塑性溶接向けの実用的な修理キットを提供しています。このキットは、押出溶接機「フュージョン1」、ハンド溶接機「トリアック」、HDPE溶接ロッド、HDPEプレートで構成されています。
  • 製造が簡単:プラスチック製の船舶の製造は、他の素材製の船舶よりも時間と費用がかからず簡単です。

船舶に使用される他の素材と比較したHDPEのメリットがまとめられた下表をご確認ください。

上記の表の内容をまとめると、HDPE製の船舶は実質上壊れることがなく、他の素材製の船舶よりも寿命がながいため、大規模なプロジェクトにおいて他の素材製の船舶よりも高いコスト効率を実現できます。

Rhino社の造船方法

最初にCADソフトウェアで設計が行われます。設計が完成すると、水上での使用に適していることを確認するため、造船技師によって模型の点検が実施されます。すべての試験で満足の行く結果が得られた場合、AutoCADを使用して3D模型が2Dの部品図面と製図に変換されます。

その後、CNC切断機を使用して、船舶の製造に必要なHDPE部品を作るために様々な厚さのHDPEシートが切断されます。HDラインやEHDラインなど、ポンツーン型の船舶を造船する場合は、さらに特殊なHDPE製のポンツーンパイプが製造に求められます。

LT_LeisterStories_RhinoMarine_SS_112019_04.jpg

製造工程を加速するために開発された特殊治具があり、この治具ポンツーンまたはバルクヘッドフレームのいずれかを所定の位置に固定する役割を果たします。一方、船殻、船尾の横材、舷墻など外舷下部の部品は、ライスターの機器を用いた押出溶接によって結合されます。

Rhino Marineが使用しているライスターの押出溶接機とハンド溶接機とは?

アフリカ担当セールスマネージャーのRachid Benlakhouy氏が現場にいて、この質問に的確に答えてくれました。

LT_LeisterStories_RhinoMarine_SS_112019_05.jpg

"Rhino MarineはライスターのFUSION 2、FUSION 3、FUSION 3C押し出し溶接機を使用しています トリアック Sとトリアック ST熱風ハンドツールと同様に"はい、正しくお読みください。「トライアックS」はすでに製造が終了している製品ですが、Rhino Marineでは今なお活用されているのです。これは、高品質を誇るライスターの機器には、「長寿命」というメリットが備わっていることを示す良い例です。

南アフリカのライスター販売代理店&ケープタウンのライスター再販業者

ヨハネスブルグにあるライスター販売代理店「PLASTI-WELD」とケープタウンにあるライスター再販業者「Top Therm」は、質の高い点検・修理作業を保証しつつ、現場で求められるライスターの機器を販売しています。また、ライスターの押出溶接機を用いて熱風で溶かし、溶接シューによるプラスチック部品溶接に使用されるプラスチック溶接ワイヤーも取り扱っています。この工程は、下の動画でご覧いただけます。

PLASTI-WELDのゼネラルマネージャーであるグレッグ・ウェブとRhino Marine Products (Pty) Ltd.のマーケティング&セールスマネージャーであるリチャード・ウェイルが同意しました。"ライスターの高品質な機器、そして一流のサービスと修理は、Rhino Marineの生産性に欠かせないものです。"

現場でできる修理

HDPE溶接機器を利用する手段がないお客様を支援するため、Rhino Marine Productsは特別なサービスを提供しています。これは、同社の熟練のスタッフが必要な機器を現場(多くの場合、海上の現場)に運び、必要な修理や追加作業を現場で実施するサービスです。

Rhinoの船舶は、HDPE製船殻の堅牢な性質により、同社の船舶は通常メンテナンスがほとんど必要ありません。その証拠として、Rhino Marine Productsの多くのお客様が、わずかなメンテナンスだけで、もしくはまったくメンテナンスを必要とすることなく、同社の船舶を15年間使用し続けています。

素晴らしい協力関係への感謝

この機会に、Rhino Marine Products、当社の販売代理店であるPLASTI-WELD、そして当社の再販業者であるTop Thermの素晴らしい協力関係に感謝したいと思います。今後も数々の成功を祈っております!

現地のお問い合わせ先

アフリカにお住まいで、ライスターの製品についてご質問がある場合やアドバイスが必要な場合には、最寄りのライスター販売代理店までお問い合わせください。

また、必要に応じてラチッド・ベンラクホイに連絡を取ることができます。お問い合わせをお待ちしております。

LTAG_MA_RB_Marketing-Sales_02.jpg
ご質問
Rachid Benlakhouy

Rachid Benlakhouyは、Leisterのセールスマネージャーとして、フランス、英国、アイルランド、アフリカ大陸を担当しています。そのため、彼は外出することが多く、建設現場やライスターの溶接機が必要な場所ではどこでも、直接顧客にアドバイスをしています。