平屋の防水工事 4.0 - UNIROOF 700

LT_UNIROOF_700_PW_AP_7960.jpg
製品に関する詳細

屋根屋さんに告ぐ。ライスターの革新的なUNIROOF 700自動屋根溶接機は、ライスター品質システム(LQS)、監視付き溶接アシスタント、電源管理により、屋根材市場を揺るがしています。このブログ記事では、当社の新しいツールが競合他社よりも優れている点や、なぜ必要なのかをご紹介しています。

著者: ライスター・スイス、コーポレート・コミュニケーション・マネージャー、シルケ・ランドトゥイング

ライスターの屋根専門家であるローランド・ビーラー氏は、新しいライスター ユニルーフ 700 自動溶接機について熱心に語っています。熱心に語るには理由があります。ユニルーフ 700は、熱可塑性の屋根膜を溶接する際に、GPSデータを含むパラメーターの速度、温度、空気の流れをライスター品質システム(LQS)を介して明確なレポートに記録する世界初(2021年11月時点)の溶接機です。LQS ルーフィングと呼ばれるこの有料サービスは、必要に応じてmyLeisterアプリから使用できます。LQSルーフィングに関するすべての情報、およびmyLeisterアプリをダウンロードするためのリンクは、当社ウェブサイトの「サービス/MYSERVICES」にあります。例えば、工業用建物の平らな屋根を溶接している場合、myLeisterアプリから品質管理についての文書を白黒で受け取ることができるようになりました。これは、自分が助かるだけでなく、お客様にも安心感を与えることができます。

溶接品質の記録が信頼と安全を生みます

LQSとGPSを搭載したUNIROOF 700は、平らな屋根や30度までの傾斜した屋根の上で溶接する際に、欠陥への不安を取り除きます。溶接レポートを評価する際には、GPSデータを使用して、可能性のある弱点を見つけ、すぐに絞り込むことができます。これにより、探している場所をすぐに見つけることができ、潜在的なエラーをすぐに修正することができます。

LT_UNIROOF_700_PW_AP_8166.jpg

UNIROOF 700は、特に平らな屋根に熱可塑性の屋根膜を溶着する際に、他にはない利点があります。また、溶接の品質が証明されることで、お客様からの信頼と安心を得ることができます。

溶接エリアから離れるときのアラーム通知

LQSは素晴らしい資産ですが、誤って溶接ゾーンを離れてしまった場合には、すぐに知りたいものです。機械が溶接ゾーンを離れた場合には、自動的にアラームが通知されるので、知らない間に溶接が不完全になってしまうことを防ぐことができます。

LT_UNIROOF_700_USP02.jpg

溶接ゾーンは、溶接パラメータ(温度、速度、空気の流れ)の完璧な相互作用によって定義されます。製品開発者は、このことを念頭に置いてこのツールを開発しました。そのため、UNIROOF 700には「溶接監視機能」が搭載されています。溶接監視機能とは、ユーザーが溶接エリアを離れた場合、音と映像で警告する電子アシスタントです(デジタルディスプレイの色が赤に変わります)。30秒以内に溶接ゾーンに戻らない場合、例えば高電圧不足の場合などには、モニター・溶接アシスタントが自動的にUNIROOF 700の電源を切ります。

TPO Geomembranes用の標準ノズルと特許取得済みの股下掻き取りノズル

UNIROOF 700の新開発の標準ノズルは、最適な溶接幅を実現し、均質な溶接接合を保証します。従来のノズルと比較して、20℃~30℃の低温下でも また、新設計により、ノズルを重ねたシートに簡単に挿入することができます。

TPO Geomembranes用の標準ノズルと特許取得済みの股下掻き取りノズル

UNIROOF 700の新開発の標準ノズルは、最適な溶接幅を実現し、均質な溶接接合を保証します。従来のノズルと比較して、20℃~30℃の低温下でも また、新設計により、ノズルを重ねたシートに簡単に挿入することができます。

LT_Scraping_nozzle_PW_AP_170_119_01.jpg

TPO膜やその他の溶接が難しい屋根膜を溶接する際には、特許取得済みの新製品「ライスター股下掻き出しノズル」をお勧めします。これは、特許取得済みのスクレイピング・プロセスが、股間のスクレイピング・ノズルによる接触溶接時に、酸化した表面を除去するためです。これにより、ほとんどの場合(化学物質など)、溶接接合を活性化する必要がなくなりました。

連続溶接の電源管理

これまでの経験から、屋根材を溶接する際、多くのユーザーが電圧不足に悩まされてきました。製品開発者はこの点を考慮し、UNIROOF 700にライスター・パワー・マネージメントを搭載しました。この機能の仕組みについては、洗練されたエレクトロニクスと、特に強力な発熱体によって。具体的には以下のようになります。例えば、UNIROOF 700でPVCメンブレンを550℃で溶接したい場合、パワーマネジメントにより、不足電圧があってもこの温度に達することができます。これにより、不足電圧にもかかわらず、安定した溶接性能を得ることができます。

ECO モードで 40% の電力消費を節約します

持続可能性と天然資源の経済的利用は、特に私たちの心に近いものです。そのため、新しいUNIROOF 700には「エコモード」が搭載されています。この機能のどこが素晴らしいのでしょうか? 最大の温度と風量の場合、エコモードで溶接すると最大で30%の省エネになります。

改造せずに様々なアプリケーション

用途に応じて自動溶接機を毎回入れ替えるのは面倒だと思いませんか? 私たちもそうです。そのため、UNIROOF 700はハウジングをスリムにし、スライド式の搬送軸を装備しました。UNIROOF 700を使って、狭い場所や、パラペット上やパラペット上の100mm(3.93インチ)までのエッジに近い場所、その他のアクセスが困難な場所で溶接するときに、この機能がいかに役に立つかがわかるでしょう。

myLeisterアプリで溶接レシピを保存・検索

異なった膜材料は、異なった溶接パラメータで溶接することができます。溶接レシピを毎回リセットしたり、面倒な書類で検索したりしなくても、myLeisterアプリで溶接レシピを作成して保存しておけば、いつでも呼び出すことができます。必要に応じて、適切な溶接レシピをUNIROOF 700に転送するだけで、すぐに使用することができます。さらに、TPO、PVC、EVA、PIBの溶接レシピがUNIROOF 700のメモリに直接保存されているので、より簡単に溶接することができます。

ユニルーフ 700 あらすじ

テキストが多すぎましたか? ユニルーフ 700の利点は次のとおりです:

LT_Uniroof-700_Sel_VD_01.JPG

ライスター・クオリティー・システム(LQS)、モニター・ウェルディング・アシスタント、パワーマネジメントを搭載した自動溶接機「ユニルーフ 700」は、2021年11月から屋根業界の新たなスタンダードとなっています。

さらに、ユニルーフ 700のソフトウェアは将来のサービスに合わせてアップデートできるので、安心して投資することができます。

UNIROOF 700の利点を一瞥してください。

  • myLeisterアプリから使用できるLQSと有料のLQSルーフィング*サービスにより、溶接の品質を文書化
  • モニタリングされた溶接アシスタントによる溶接の信頼性
  • 不足した電圧でも連続して溶接できるパワーマネジメント
  • 標準ノズルで均一な溶接シームを実現
  • TPO膜を溶着する特許取得済みの股下掻き取りノズル
  • エコモードで 30% の電力消費を節約します
  • myLeisterアプリによるライブビューで、スマートフォンやタブレットで溶接パラメーターを操作可能
  • myLeisterアプリによる溶接レシピが一目瞭然
  • ソフトウェアの更新

*迅速に機能:LQSルーフィングの初回オファーを活用し、最大18か月このサービスを無料でお試しいただけるようになりましたので、今すぐお試しください。

ピュアユーザーとビギナーのためのUNIROOF 300

UNIROOF 300は、予算が少なくても、パワフルで信頼性の高い自動ルーフ溶接機を必要とするすべての初心者にお勧めします。

LT_UNIROOF_700_PW_AP_8096.jpg

UNIROOF 700の姉妹機として、LQSと溶接監視アシスタントは搭載されていませんが、クローズドループ技術による溶接パラメータの制御、デジタルディスプレイ、魅力的な価格性能比、そしてもちろん定評あるライスターの品質を提供します。