コーティングプロセス

LT_Coating_process_IF_AP_02.jpeg
機械的コーティングの工程においては、赤外線または熱風はプロセス最適化を確実にするのに必須です。

コーティングプロセスにおいて、実際のコーティング素材が塗布される前あるいは後に熱が使用されます。接着性を高めるため、ある工程に置いては、基材の予熱が必要になります。他のプロセスについては、適切な熱による活性化プロセスが必要になります。あるいは、マテリアルが塗布された後に、溶剤を蒸発させる必要があることもあります。

熱風によるコーティング

表面をコーティングする際に、表面の前処理は、コーティングの質と耐久性を決定する鍵となります。

LT_Coating_process_IF_AP_01.jpeg

実際のところ、全てのコーティング工程において、洗浄と脱脂作業が必要となります。熱風は、液体の洗浄成分や溶剤の残留物を乾かすのに使われます。これにより、表面状態を次工程へと確実に備えることができるのです。

熱風は、また、実際のコーティング工程、プロセス下流にも使用されます。例えば、あるコーティングシステムでは、ニス引きの工程で熱硬化が必要です。熱風で、乾燥させ、硬化させるのです。

赤外線によるディップコーティング

LT_IP_Coating_Embosing.jpg

ディップコーティングは、テキスタイルや製紙業において標準的なプロセスです。この溶剤ベースのプロセスでは、テキスタイルあるいは紙を完璧に乾かすことが大切です。クレルスの赤外線ヒーターにより、より効率的にこの工程を処理することが可能なのです。これらのヒーターは、優れたコントロール力と短い反応時間により、広い意味での、再現性が高く、安全性基準を満たすことができます。このステップは、ディップコーティングプロセスの後で、重合のためにIR照射が必要な際にも実施されます。