赤外線技術

一貫したプロセス加熱

LT_ENGEL_Oven_IR_Ap_01.jpg

赤外線ヒーター技術

プラスチック加工における加熱工程

ライスターの強力なクレルス赤外線ヒーターは、様々な産業用アプリケーションでのお客様専用の赤外線ソリューションに最適です。高い放射強度、簡単な制御性、短い反応時間、最適な経済性を備えたオーダーメイドのソリューションが求められるとき、ライスター・クレルスの赤外線ソリューションは需要があり、世界中で実績を上げています。

LT_LeisterStories_Omso-Krelus_SS_072020_01.jpg
お問い合わせ
製品サポート 赤外線システム 

適切な製品やサービスを見つけるのにお困りではありませんか?ライスター・ジャパンの専門の営業チームがサポートします。

用途

We know how.

産業用途

業界向けクレルス赤外線パネルヒータ
数えきれないほどの自動車用アプリケーション
自動車

自動車産業では、プラスチック部品や複合部品の製造・加工作業で赤外線ふく射が必要とされています。軽量材料、特に複合材料は、新しい効率的な製造方法が必要とされています。ライスターのクレルス赤外線ヒーターは、この分野だけでなく、他の多くの分野でも優れています。ハイブリッド射出成形プロセスなど、いわゆるオルガノシートの精密な加熱は、赤外線放射での高速応答と正確な温度制御が求められる多くのアプリケーションの一つです。ラミネート、熱成形、内装部品やトリム部品のリベット加工は、自動車分野での強力なクレルスの赤外線ヒーターの他のアプリケーションの一つです。

いたるところに存在する
建設システム

ライスターの赤外線ヒーターは、ほとんどの産業で様々な材料の生産に使用できます。用途の範囲は、箔の生産、弾力性のあるフローリング、壁紙、さらにはキッチンカウンタートップまで含まれています。この目的のために必要な材料は、ラミネートや接着、エンボス加工や深絞り加工をしなければならないため、赤外線加熱はインテリアデザインの多くの製造工程の一部となっています。

簡単に高く舞い上がる
航空機

複合材料の設計・製造の進歩は目覚ましいものがあります。航空機製造もその恩恵を受けています。複合材料の開発が進んでいるだけでなく、航空機の構造においても、複合材料で作られた軽量部品が金属部品に取って代わり、航空機全体の軽量化が急速に進んでいます。その結果、燃料消費量が減少し、結果としてCO2の排出量も減少します。高温で処理される材料でも、ライスターのクレルス赤外線ヒーターを使用することで、正確かつ均一に加熱することができます。

スキーからハンドバッグまで
生産材料

ライスターのクレルス赤外線ヒーターは、様々な消費財の生産に必要とされています。例えば、スポーツ用品の製造。ここでは、サッカー用レザーのエンボス加工や、スキーのハイテク素材のラミネート加工などに赤外線を利用しています。また、レディースハンドバッグの人工皮革の加工にも使用されています。赤外線放射の形でのプロセス加熱は、多くの製品の生産工程において重要な要素です。

赤外線による保護
医学・製薬

ライスターのクレルス赤外線ヒータは、医療機器の製造に使用されています。例えば、呼吸マスクの製造プロセスにおいて、不織布マットは深絞りによって形成される。このアプリケーションでは、ライスター赤外技術は、医療スタッフと個人の両方を保護します。赤外線加熱は、コロナウイルスやその他のパンデミックや疫病の蔓延を抑えるために、世界中の呼吸器などに使用されています。