プラスチック成形

制限のない建造

プラスチック成形

精密で漏れ防止

タンクやコンテナ製造でのプラスチック溶接向け熱可塑性プラスチック工作物は熱と圧力によって相互に接続されます。溶接の質と効率の高い作業は、使用する機械によって大きく左右されます。ライスターの押出溶接機とヒートガンは一貫した溶接とプロセス安全性の評価が高く特に人気です。

お問い合わせ
製品サポート プラスチック加工 

適切な製品やサービスを見つけるのにお困りではありませんか?ライスター・ジャパンの専門の営業チームがサポートします。

用途

We know how.

産業

ライスター溶接機に固有の機能
生産性と頑強さ
水産養殖

藻類、魚、ムール貝、カニ、エビなどの淡水または塩水に生息する生物を培養するための硬質プラスチック製の巨大なタンクや容器は、高い基準を満たし、細菌、真菌、化学物質の影響を受ける可能性があるため、絶対に漏れないようにしなければなりません。

魚の飼育水槽は、ホールに設置されているか、直接海の中で使用されていることもあります。また、プラスチック製のチューブで作られたホルダー付きの円形の網かごがあり、海や河川に停泊させて沿岸や海岸に近い場所での養魚を目的としていることが多い。

ライスターのハンド押出機は、HDPE材料から両方の養魚バリアントを生産し、溶接するために使用されています。

トンネルシール
採鉱

トンネルシールは露天採鉱や深部採鉱で使われます。コンクリートケーシングの完了後、通常はHD-PE、PP、PVCまたはTPO製のプラスチックシーリングシステムを使用して水分の侵入を防ぎます。各シートはトンネルの方向と垂直になるように設置されます。「上向き溶接」では軽量で多目的に使用できる溶接機が必要です。ライスターには、ツイニー Sやツイニー T、コメット、ユニドライブ 500など、複数の最適な機械が揃っています。手持ちタイプの押出機やヒートガン、対応するアクセサリを使用すると、細かい部分でも容易に溶接できます。

コンテナとタンク
化学品

化学業界では、漏れない安全なプラスチック製タンクとコンテナが好まれます。使用される保管システムによっては、金属製のものよりも多大な利点があり、メンテナンスも容易です。

流電プロセスは通常、強い化学物質を使用して行われます。このような溶液用のコンテナは内容物に耐えられるだけでなく、熱や電気の影響に対する耐性も必要です。

換気システム
生産財
産業環境の換気システムは多くの強い気体に対応します。長期的な唯一のソリューションは適正なプラスチックを使うことです。
プラスチックの補修
リサイクルと廃棄処分

他の多くの物質や材料とは対照的に、熱可塑性プラスチックは特に良好に修復することができます。専門的に修理を行えば、元の機能であっても完全に復元することができます。例えば、時間の経過とともに摩耗の兆候が見られるプラスチック製の廃棄物容器は、ライスターの押出機で修理され、完全に漏れないため、再び使用することができます。プラスチック容器を修理することで、コストを節約し、環境を保護し、原油などの天然資源の使用量を減らすことができます。また、例えばHDPEで作られた容器は、完全にリサイクルすることができます。

硬質プラスチック製ボート
ボートの建造
ボート、ラフト、フローティングデッキは頻繁にポリオレフィンが使用されています。浮力があり、非常に頑強で海水にも耐性があるためです。
飲料水と廃水
水と環境

衛生と腐食に関する要求事項は、特に淡水と使用済み水のインフラのために高くなっています。熱可塑性プラスチックは、その適切な特性により、持続可能性と安全性を提供し、タンクコンテナやパイプラインの製造に適しています。